言語

iCloud ストレージの管理

この記事では、保存容量の上限に達した場合または超えた場合に、iCloud ストレージをどのように管理するかについてのヒントを説明します。

iCloud ストレージの管理は、iOS デバイスのバックアップをコントロールし、クラウドに保持する書類を選択することによって実施できます。また、不要になった古いメールメッセージを移動または削除することによっても、ストレージの空き容量を増やすことができます。次の手順にそって、アカウントで利用できる iCloud ストレージの容量を確認します。

  • お使いの iOS デバイスで「設定」>「iCloud」に移動したら、「ストレージとバックアップ」をタップします。
  • お使いの Mac で Apple () メニュー >「システム環境設定」に移動して「iCloud」をクリックしたら、「管理」をクリックします。
  • Windows パソコンでの手順
    • Windows 8.1:スタート画面に移動し、左下にある下向きの矢印 下向きの矢印 をクリックします。iCloud アプリケーションをクリックして「管理」をクリックします。
    • Windows 8:スタート画面に移動し、iCloud タイルをクリックして「管理」をクリックします。
    • Windows 7:「スタート」メニュー >「すべてのプログラム」>「iCloud」>「iCloud」の順に選択して「管理」をクリックします。

 

すべてをたたむ | すべてを開く

バックアップ

iOS デバイスを iCloud ストレージにバックアップする 場合、カメラロールの写真やビデオ、App など、iOS デバイス上の重要なデータの多くは自動的にバックアップされます。iCloud バックアップの詳細については こちら を参照してください。次の手順は、バックアップに使われる容量をコントロールするのに役立ちます。

バックアップする iOS アプリケーションを選択する

多くのアプリケーションは、インストールすると、自動的に iCloud にバックアップを取ります。次の手順にそって、iCloud にバックアップするアプリケーションを変更して、ストレージからそのアプリケーションのデータの既存のバックアップを削除します。

iOS 5 以降

  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」に移動したら、「ストレージを管理」をタップします。
  2. 使用している iOS デバイスの名前をタップします。
  3. 「バックアップオプション」で、今後はバックアップしないアプリケーションを無効にします。この変更を確認するメッセージが表示されます。このアプリケーションのバックアップをオフにして、iCloud からそのバックアップのすべてのデータを削除する場合は、「オフにして削除」を選択します。

 

バックアップを削除して、デバイスのバックアップをオフにする

iOS 5 以降
  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」に移動したら、「ストレージを管理」をタップします。
  2. 使用している iOS デバイスの名前をタップします。
  3. 「バックアップを削除」をタップします。この変更を確認するメッセージが表示されます。バックアップを削除すると、iOS デバイスのバックアップもオフになります。バックアップをオフにして、iCloud からこの iOS デバイスのすべてのバックアップを削除する場合は、「オフにして削除」を選択します。

OS X

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」を選択して、「iCloud」をクリックします。
  2. 「管理」ボタンをクリックします。
  3. 「バックアップ」を選択します。
  4. 表示されるデバイスのバックアップのいずれかを選択したら、「削除」をクリックします。この変更を確認するメッセージが表示されます。このバックアップを削除すると、そのデバイスのバックアップもオフになります。バックアップをオフにして、iCloud からそのデバイスのすべてのバックアップを削除する場合は、「削除」を選択します。

Windows 8 および Windows 7

  1. 以下の手順で iCloud コントロールパネルを開きます。
    • Windows 8.1:スタート画面に移動し、左下にある下向きの矢印 円の中の下向きの矢印 をクリックしたら、iCloud アプリケーションをクリックします。
    • Windows 8:スタート画面に移動し、iCloud タイルをクリックします。
    • Windows 7:「スタート」メニュー>「すべてのプログラム」>「iCloud」>「iCloud」の順に選択します。
  2. 「管理」をクリックして iCloud ストレージを表示します。
  3. 表示された項目から「バックアップ」を選択します。
  4. 表示されるデバイスのバックアップのいずれかを選択したら、「削除」をクリックします。この変更を確認するメッセージが表示されます。このバックアップを削除すると、そのデバイスのバックアップもオフになります。バックアップをオフにして、iCloud からそのデバイスのすべてのバックアップを削除する場合は、「削除」を選択します。

 

カメラロールのバックアップのサイズを減らす

iOS デバイスでたくさんの写真やビデオを撮影すると、カメラロールが iCloud ストレージの容量を多く使用します。デバイスでカメラロールのバックアップサイズをチェックするには、次の手順を行ってください。

  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」に移動したら、「ストレージを管理」をタップします。
  2. 使用している iOS デバイスの名前をタップします。
  3. 「バックアップオプション」セクションの「カメラロール」にバックアップサイズが表示されます。

カメラロールのバックアップサイズを減らすには、写真やビデオを iTunes を使ってコンピュータに保存 してから、iOS デバイスを手動でバックアップ します。iOS デバイスに写真やビデオを残したい場合は、「バックアップ」で「カメラロール」を無効にするか (上記「バックアップするアプリケーションを選択する」セクションを参照してください)、さらに容量を購入 できます。

 

Documents in the Cloud

iCloud の システム条件 を満たす iOS デバイス (iOS 5 以降)、Mac (OS X v10.7 以降)、または Windows コンピュータから iCloud の書類を管理できます。iOS 用 iWork の書類にも iCloud.com からアクセスすることができます。書類を削除するには、以下の手順を実行します。

iOS 5 以降

  1. 「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」に移動したら、「ストレージを管理」をタップします。
  2. 「書類およびデータ」エリアの下で、データを削除する App を選択します。これにより、iCloud にその App の書類が表示されます。
  3. 「編集」をタップし、削除する項目を選択したら、「削除」または「すべて削除」を選択します。iCloud ストレージおよびすべてのデバイスから書類またはデータが削除されます。

 

OS X

  1. Apple () メニュー >「システム環境設定」を選択して、「iCloud」をクリックします。
  2. 「管理」ボタンをクリックします。
  3. リストから App を選択し、その App から削除したい書類またはデータを選択します。「削除」ボタンをクリックすると、iCloud ストレージおよびすべてのデバイスから、データが削除されます。

次の手順で、アプリケーションを使ってその書類を削除することができます。

  1. Documents in the Cloud に対応しているアプリケーション (Pages、Numbers、Keynote、プレビュー、またはテキストエディットなど) を開きます。
  2. iCloud Documents Library のウインドウから書類を選択します。
  3. 「control」キーを押しながら書類をクリックすると、「アクション」メニューが開きます。
  4. 「ゴミ箱に入れる」を選択し、「削除」をクリックします。iCloud ストレージおよびすべてのデバイスから、書類が削除されます。

 

Windows 8 および Windows 7

  1. 以下の手順で iCloud コントロールパネルを開きます。
    • Windows 8.1:スタート画面に移動し、左下にある下向きの矢印 円の中の下向きの矢印 をクリックしたら、iCloud アプリケーションをクリックします。
    • Windows 8:スタート画面に移動し、iCloud タイルをクリックします。
    • Windows 7:「スタート」メニュー>「すべてのプログラム」>「iCloud」>「iCloud」の順に選択します。
  2. 「管理」をクリックして iCloud ストレージを表示します。
  3. 「ストレージを管理」の下で、その App から削除する書類またはデータを選択して、「削除」をクリックすると、データが削除されます。iCloud ストレージおよびすべてのデバイスからデータが削除されます。

 

iCloud.com (iWork の書類のみ)

  1. コンピュータから iCloud.com で iCloud アカウントにログインします。
  2. 書類の適切な App (Pages、Numbers、または Keynote) をクリックします。
  3. 書類をクリックして選択します。
  4. ウインドウの角にあるギアアイコンをクリックしたら、「ドキュメントを削除」を選択します。iCloud ストレージおよびすべてのデバイスから、書類が削除されます。

 

メール

iCloud のメールアカウントからメールメッセージを削除すれば、いつでも iCloud ストレージの空き容量を増やすことができます。iOS デバイスから Mac または Windows パソコンにメールメッセージを移動することもできます。移動すると、メールメッセージは iCloud のストレージに含まれなくなります。iCloud データのアーカイブまたはコピーを作成する方法については、こちらの記事 を参照してください。

大きなサイズの添付ファイル付きのメッセージを削除すると、単純なテキストメールよりも多くの空き容量が増えることを覚えておいてください。

デスクトップメールアプリケーション

OS X メールまたは Microsoft Outlook などのデスクトップメール App で iCloud メールを使っている場合は、以下の手順を実行します。

  • OS X メール:不要なメッセージを削除したら、「メールボックス」>「削除済み項目を消去」の順に選択して、メニューから iCloud のメールアカウントを選択します。
  • Microsoft Outlook 2007 (Windows):不要なメッセージを削除したら、「編集」>「消去」の順に選択して、メニューから iCloud のメールアカウントを選択します。
  • Microsoft Outlook 2010 および Outlook 2013 (Windows):不要なメッセージを削除します。Outlook では、次に Outlook を閉じて再起動したときにメッセージが完全に削除されます。

 

iCloud.com

コンピュータから iCloud.com で iCloud アカウントにログインします。「メール」をタップします。不要なメッセージを削除したら、ギアマークをクリックして「ゴミ箱を空にする」を選択します。

 

iPhone、iPad、iPod touch

お使いの iOS デバイスが iCloud メールにアクセスするように設定されている場合には、メールボックスからメッセージを削除して、ゴミ箱を空にすることにより、空き容量を増やすことができます。メッセージを削除するには、メッセージを左にスワイプします。次に「ゴミ箱」フォルダに移動して、メッセージを 1 通ずつ削除するか、「編集」ボタンをタップしてから「すべて削除」をタップして、すべてのメッセージを削除します。

 

追加情報

  • iCloud ストレージでさらに多くの容量が必要な場合には、iOS デバイス、Mac、または Windows パソコンから iCloud ストレージの追加容量を購入できます。こちらの記事 を参照してください。購入した追加容量が不要になった場合には、こちらの記事 でストレージダウングレードの手順を確認してください。ストレージの問題のトラブルシューティングについては、こちらの記事 も参照してください。
  • 全額返金をご希望の場合は、アップグレードから 15 日以内、または年払いを行ってから 45 日以内に iCloud サポート にお問い合わせください。一部返金は、法律によって定められている場合に承ります。
  • iCloud のシステム条件

重要:Apple 以外の他社製品に関する記述は、情報提供のみを目的としており、Apple による支持または推奨を意味するものではありません。詳細については、「ベンダーに関する情報を見つける」を参照してください。

最終更新日: 2014/03/14
役に立ちましたか?
はい
いいえ
Not helpful Somewhat helpful Helpful Very helpful Solved my problem
このページを印刷する
  • 最終更新日: 2014/03/14
  • 記事: HT4847
  • 表示回数:

    5496757
  • 評価:
    • 71.0

    (94 件の回答)

その他の製品サポート情報