iCloud または iTunes を使ってデバイスをバックアップする方法

iPhone、iPad、または iPod touch をバックアップしておけば、万が一デバイスを交換、紛失、損傷した場合に備えて、大切な情報のコピーをとっておくことができます。バックアップを使って、以前のデバイスから新しいデバイスにデータを転送できます。

バックアップ方法を選択する

まず、iCloud でのバックアップと iTunes でのバックアップの違いを確認してください。どちらの方法が最適かを判断した上で、以下の該当する手順を実行してください。バックアップの予備を取っておく必要がある場合は、iCloud で 1 つ作成し、iTunes でもう 1 つ作成しておけます。

iCloud を使ってバックアップを作成する

  1. デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。
  2. iOS 8 以降では、「設定」>「iCloud」>「バックアップ」の順にタップします。
    iOS 7 以前では、「設定」>「iCloud」>「ストレージとバックアップ」の順にタップします。
  3. 「iCloud バックアップ」がオンになっていることを確認します。
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップします。バックアップが完成するまで、Wi-Fi ネットワークに接続したままにしておきます。
  5. 「設定」>「iCloud」>「容量」>「ストレージを管理」の順にタップし、デバイスを選択して、バックアップが完了していることを確認します。作成されたバックアップの詳細が表示され、時刻とバックアップサイズが示されていれば問題ありません。

iCloud でのバックアップの作成について問題がある場合は、こちらの記事で紹介している対処法をお試しください。

iCloud での自動バックアップ

iCloud バックアップを有効にすると、iCloud でデバイスのバックアップが毎日自動的に作成されます。毎日の自動バックアップは、次の条件が満たされている場合に限り実施されます。

  • デバイスが電源に接続されている。
  • デバイスが Wi-Fi ネットワークに接続されている。
  • デバイスの画面がロックされている。

iTunes を使ってバックアップを作成する

  1. iTunes を開き、コンピュータにデバイスを接続します。 
  2. 「ファイル」>「デバイス」>「購入した項目を転送」をクリックして、iTunes Store または App Store からダウンロードしたコンテンツを保存します。Windows をお使いの場合で、「ファイル」メニューが見当たらない場合は、「Alt」キーを押してください。
  3. iTunes が購入した項目の転送を完了するまで待ちます。その後、「ファイル」>「デバイス」>「バックアップ」の順にクリックします。Windows をお使いの場合で、「ファイル」メニューが見当たらない場合は、「Alt」キーを押してください。
  4. プロセスが終了した後、iTunes で「環境設定」>「デバイス」の順にクリックして、バックアップが正常に終了したかどうか確認できます。デバイスの名前と共に、iTunes でバックアップが作成された日時が表示されていれば問題ありません。

iTunes でのバックアップの作成について問題がある場合は、こちらの記事で紹介している対処法をお試しください。バックアップを暗号化する方法については、こちらの記事を参照してください。

関連情報

最終更新日:
役に立ちましたか?
84% の人が役に立ったと言っています。

その他の製品サポート情報

ディスカッションを開始

Apple サポートコミュニティ
この記事に関する質問をすべて見る 自分が投稿した質問をすべて見る
日本 (日本語)