iCloud: メッセージをiCloudに保存する

メッセージをiCloudに保存する

「iCloudでメッセージを保管」を使うと、新しいデバイスを簡単に設定して、メッセージの全履歴にアクセスできるようになります。メッセージを送信、受信、削除すると、同じApple IDでiMessageにサインインしているすべてのiOSデバイスとMacコンピュータに反映されます。

「iCloudにメッセージを保管」を使うことで、メッセージおよび添付された写真やファイルがiCloudに保存されるため、iPhoneの空き容量を増やすことができます。iCloudを設定すると、iCloudストレージのあらゆる用途に対応する5GBのストレージをご利用いただけるようになります。ストレージ容量は必要に応じてアップグレードすることもできます。iCloudストレージをアップグレードするを参照してください。

「iCloudにメッセージを保管」は、iOS 11.4以降およびmacOS 10.13.5以降でご利用いただけます。

注記:デバイスで「iCloudにメッセージを保管」を有効にすると、メッセージがiCloudに自動的に保存されるため、iCloudバックアップの対象には含められません。

iOSデバイスで「iCloudにメッセージを保管」をオンにする

  • 「設定」>[自分の名前]>「iCloud」の順にタップし、「メッセージ」をオンにします。

iOSデバイスで「iCloudにメッセージを保管」をオフにする

  • 「設定」>[自分の名前]>「iCloud」の順にタップし、「メッセージ」をオフにします。

    デバイスで「iCloudにメッセージを保管」を無効にすると、そのiOSデバイスで送受信されるメッセージはiCloudに保存されなくなり、iCloudバックアップの対象に含められます。「iCloudにメッセージを保管」がオンになっている他のデバイスで送受信されるメッセージは、引き続きiCloudに自動的に保存されます。

Macで「iCloudにメッセージを保管」をオフにする

  1. メッセージAppで、「メッセージ」>「環境設定」>「アカウント」の順に開き、アカウントのリストから「iMessage」を選択します。

  2. 「“iCloudにメッセージを保管”を有効にする」を選択します。

Macで「iCloudにメッセージを保管」をオフにする

  1. メッセージAppで、「メッセージ」>「環境設定」>「アカウント」の順に開き、アカウントのリストから「iMessage」を選択します。

  2. 「“iCloudにメッセージを保管”を有効にする」の選択を解除します。

  3. 以下のいずれかを選択します:

    • すべて無効:すべてのデバイスの「iCloudにメッセージを保管」をオフにします。メッセージはiCloudではなくデバイスに保存されます。

    • このデバイスで無効にする:Macの「iCloudにメッセージを保管」のみをオフにします。Mac上のメッセージはiCloudに保存されなくなりますが、「iCloudにメッセージを保管」がオンになっている他のデバイスで送受信されるメッセージは、引き続きiCloudに保存されます。

「iCloudにメッセージを保管」を初めてオンにした場合、すべてのメッセージが各デバイスに表示されるまでしばらく時間がかかる場合がありますが、その間もメッセージの送受信は行えます。

公開日: 2019/04/10
役に立ちましたか?