iCloud: iCloud Driveを設定する

iCloud Driveを設定する

iCloud Driveをオンにするには、iOSデバイス、Macコンピュータ、iCloud for WindowsがインストールされたWindowsコンピュータで、同じApple IDを使用してiCloudにサインインします。

重要:iCloud Driveに保存されている書類は、最小システム条件を満たし、iCloud DriveがオンになっているコンピュータやiOSデバイスでのみ利用できます。iCloud Driveに保存している書類はiCloud.comでも利用できます。

iCloud Driveをオフにしているデバイスでは、iCloud Driveがオンになっているデバイスの書類やデータと同じ最新の状態は保持されません。

次のいずれかを実行します:

  • Macの場合:Appleメニュー>「システム環境設定」を選択し、「iCloud」をクリックしてから「iCloud Drive」を選択します。

    「デスクトップ」と「書類」のフォルダをiCloud Driveに自動的に保存する(macOS Sierraが必要)には、「iCloud Drive」の横にある「オプション」をクリックし、「デスクトップと書類フォルダ」をオンにします。Macの「デスクトップ」と「書類」のフォルダをiCloud Driveに追加すると、このフォルダに入っているすべてのファイルが自動的にアップロードされます。

    注記:iWork書類を保存するには、iCloud.comにサインインし、Pages for iCloudNumbers for iCloudKeynote for iCloudにアクセスして、iCloud Driveの使用を開始します。

  • iOSデバイスの場合:「設定」>[自分の名前]>「iCloud」(または「設定」>「iCloud」)を開き、「iCloud Drive」をオンにします。iCloud Drive Appを持っていない場合は、App Storeから入手することができます。

  • Windowsコンピュータの場合:iCloud for Windowsを開き、「iCloud Drive」を選択し、「適用」をクリックします。

iCloud Driveをオンにすると、iCloud DriveのファイルおよびフォルダをiCloud.com、iPhone、iPad、iPod touch、MacまたはWindowsコンピュータで操作できます。iCloud.comでiCloud Driveを使用するおよびコンピュータまたはiOSデバイスでiCloud Driveを使用するを参照してください。

公開日: 2018/10/25
役に立ちましたか?