macOS High Sierra

iCloud 写真共有について

iCloud 写真共有を使うと、共有アルバムを作成し、ほかの人を招待して見てもらうことができます。招待された相手は、任意の Mac、PC、または iOS デバイスからいつでもアルバムを表示できます。Apple ID で iCloud にサインインしている場合は、写真に「いいね!」のマークを付けたり、コメントを追加したりできます。共有アルバムの所有者が許可した場合は、参加者が自分の写真やビデオクリップをアルバムに追加することもできます。(公開 Web サイトを設定した場合は、招待された相手が iCloud にサインインしていなくても、共有した写真やビデオを表示できます。)

共有アルバムが表示されている、「写真」ウインドウの「共有」パネル。

そのしくみを次に示します:最初に、使用したい場所(Mac、iOS デバイス、または PC)で iCloud 写真共有をオンにします。(Windows PC 上で iCloud を使用するには、iCloud for Windows をインストールする必要があります。詳しくは、「Windows 用 iCloud をダウンロードする」を参照してください。)次に、共有したい写真またはビデオを「写真」で選択し、新しい共有アルバムを作成して、友達のメールアドレスを入力します。友達は共有アルバムへの参加依頼を受け取ります。友達が iCloud にサインインしている場合は、参加依頼を承認すると、共有アルバムがその人の「写真」アプリケーションに表示され、アルバム内の写真を表示したり、「いいね!」のマークを付けたり、コメントを付けたりできるようになります。共有アルバムに写真を追加することもできます。共有アルバムの作成者または参加者が共有アルバムに項目を追加すると、参加者のすべてのデバイスに自動的に表示されます。

ファミリー共有

ファミリー共有を使って、最新の行事、大切な写真や、思い出に残る人生の 1 コマなどを家族に見せることもできます。ファミリー共有をオンにして、macOS の「iCloud」環境設定で家族を設定すると、サイドバーの「共有」の下に「ファミリー」アルバムが作成されます。参加している家族全員が、写真、ビデオクリップ、およびコメントを「写真」から直接このアルバムに簡単に追加できます。家族が項目やコメントを追加するたびに、全員のデバイスがアップデートされます。

「写真」を開く