macOS High Sierra

メッセージを削除する

必要なくなったメッセージを削除することで、メールボックスが管理しやすくなり、お使いの Mac やメールサーバ上の保存領域を解放できます。削除後のメッセージを表示および復元できるようにするかどうかは、「メール」環境設定のオプションで決定します。

「メール」を開く

メッセージを削除する

スワイプでメール通知からメッセージを削除するには、「メール」の「表示」環境設定で、「削除したメッセージの移動先:」オプションを「削除」にしておく必要があります。そうしないとメッセージがアーカイブされます。

  • メール通知で:ポインタを通知に移動してから、「削除」をクリックします。

  • 「メッセージ」ビューアで:次のいずれかを実行できます:

    • 2 本の指で左へスワイプしてから、「削除」をクリックするか、メッセージが表示されなくなるまで左端へスワイプします。

    • ポインタをメッセージヘッダに移動してから、表示される「削除」ボタン(をクリックします。

    • リスト内でメッセージを選択してから、「メール」のツールバーにある「削除」ボタンをクリックします。

    ヒント:リスト内で次のメッセージが自動的に選択される(そして開封済みと印を付けられる)ことを回避するには、Option キーを押したままメッセージを削除します。

複数のメッセージを削除する

  • メッセージリストで、メッセージまたはスレッド1 つ以上選択してから、「メール」のツールバーにある「削除」ボタン をクリックするか、Delete キーを押します。スレッドを選択すると、そのスレッド内のすべてのメッセージが削除されます。

  • 削除するメッセージをまとめて検索します。たとえば、2017 年 8 月 1 日から 9 月 5 日までのメッセージを検索する場合は、「メール」の検索フィールドに「date:8/01/17-9/05/17」と入力します。または、特定の人からのメッセージを検索する場合は、検索フィールドに名前を入力します。それから、見つかったメッセージを選択して削除します。

  • メールボックスを削除すると、そこに含まれるすべてのメッセージが削除されます。

削除したメッセージを表示する

削除したメッセージを表示する方法は、「メール」環境設定でのオプションの設定によって異なります。設定内容を確認するには、「メール」>「環境設定」と選択し、「アカウント」をクリックして、アカウントを選択してから、「メールボックスの特性」をクリックします。

  • 「ゴミ箱」メールボックスにメールサーバまたは Mac 上のメールボックスが指定されている場合:「ゴミ箱」メールボックスにあるメッセージは、完全に消去されるまで表示できます。削除したメッセージを消去する前に復元するには、「ゴミ箱」メールボックスから別のメールボックスにメッセージをドラッグします。

  • 「ゴミ箱」メールボックスに「なし」が指定されている場合:メッセージは一時的に元の場所に残ることもありますが、淡色表示または隠されています。それらのメッセージが利用できる場合にその表示/非表示を切り替えるには、「表示」>「削除したメッセージを表示」または「表示」>「削除したメッセージを隠す」と選択します。

削除したメッセージを完全に消去する

  • 自動的にメッセージを消去する:「メール」>「環境設定」と選択し、「アカウント」をクリックしてから、アカウントを選択します。「メールボックスの特性」をクリックし、「ゴミ箱」セクションで、「メール」で削除したメッセージを完全に消去したいタイミングを選択します(1 か月後など)。

    IMAP アカウントを使用していて、サーバ上の古いメッセージが削除される設定になっている場合は、設定に関係なくそれらは消去されます。

  • 任意の時点でメッセージを手動で消去する:「メールボックス」>「削除済み項目を消去」と選択してから、アカウントを選択します。

メッセージを誤って削除してしまった場合でも、「ゴミ箱」メールボックスから別のメールボックスにそれらをドラッグできます。または、「ゴミ箱」メールボックスでそれらを選択してから、「メッセージ」>「移動」>「<メールボックス>」と選択します。