Final Cut Pro X:バージョン 10.1.3 リリースノート

Final Cut Pro X の最新および過去のアップデートについて説明します。

Mac App Store から Final Cut Pro X のアップデートをインストールする前に、プロジェクト、イベント、アップデートする前のバージョンの Final Cut Pro X などの 重要なファイルのバックアップ を作成してください。

バージョン 10.1.3 の新機能

  • Blu-ray ディスクへの書き込み時または Blu-ray ディスクイメージの作成時における信頼性の問題を修正
  • ほかのクリップからペーストした色補正を共有時に保持
  • クリップをタイムラインに追加するときに、以前のバージョンの Final Cut Pro のブラウザでそれらのクリップに適用したエフェクトを保持
  • ギャップクリップ使用時の XML ラウンドトリップの正常な読み込みが可能
  • 自動ライブラリバックアップの信頼性が向上
  • サイズが増加し続けるファイルをブラウザでスキミングするときの安定性が向上

 


Final Cut Pro X バージョン 10.1.2

  • 最適化されたメディア、プロキシメディア、およびレンダリングされたメディアがライブラリ以外の場所に保存可能
  • 「ライブラリのプロパティ」インスペクタを使って、ライブラリのそれぞれの保存場所を表示して設定
  • 最適化されたメディア、プロキシメディア、およびレンダリングされたメディアを Final Cut Pro X 内から簡単に削除
  • 複合、マルチカム、および同期クリップに使用中のメディアのマークを表示
  • ブラウザに使用されていないメディアのみを表示するオプション
  • ARRI、Blackmagic Design、Canon、および Sony 製カメラからの高ダイナミックレンジで広色域なビデオに標準 (Rec. 709) 形式をリアルタイムで適用
  • 新しい AMIRA カメラから 3D LUT 内蔵 ARRI を自動的に適用
  • Apple ProRes 4444 XQ のサポート
  • クリップ同期時の速度と精度を向上
  • カウントダウン、複数のテイクからの自動オーディション作成など、オーディオ収録の向上
  • XDCAM メディアを含むカットのみのプロジェクトの高速書き出し
  • ライブラリ全体を 1 つの XML ファイルとして書き出し
  • インスペクタでライブラリに主要なメタデータが表示されるように選択
  • クリップまたは選択範囲の相対音量および絶対音量の調整
  • メディアの読み込み時に Finder タグからキーワードを作成
  • 「ライブラリ」リストでイベントを日付または名前で並べ替えるオプション
  • ブラウザに直接ドラッグしてクリップを読み込む
  • 4K ビデオを Vimeo で共有

Final Cut Pro バージョン 10.1.2 は、さらに以下の問題も修正されています。

  • サイズの大きいライブラリで作業する際に、起動、終了、コピー、および全体のパフォーマンスがより速くなりました。
  • キーフレーム間の直線状とスムーズの動きの補間が時間と距離の両方に適用されます。

Final Cut Pro X バージョン 10.1.1

  • ライブラリの統合中に外部ドライブまたはネットワークの接続が解除された場合、メディアファイルが保持されます。
  • ミュージックとサウンドブラウザでオーディオコンテンツを読み込むときの問題が修正されます。
  • 「テキストをスクロール」ビヘイビアが含まれる Motion エフェクトを適用するときの安定性の問題が修正されます。
  • プロキシメディアとオリジナルメディア/最適化されたメディアをより速く切り替えられます。
  • 非常に大きいプロジェクトでのタイムラインの応答性が改善されます。

Final Cut Pro X バージョン 10.1

  • 新しい Mac Pro でデュアル GPU を利用して、再生およびレンダリングを最適化
  • 一部の Mac コンピュータで Thunderbolt 2 および HDMI を使って、最大 4K でビデオモニタリング
  • タイトル、トランジション、およびジェネレータの 4K コンテンツ
  • ライブラリを使用して、複数のイベントとプロジェクトを 1 つのバンドルに整理
  • 個々のライブラリをすばやく開閉して、必要な素材のみを読み込む
  • メディアをライブラリ内外の場所に読み込むオプション
  • 指定したドライブまたはネットワークの場所に自動的にライブラリをバックアップ
  • プロジェクトスナップショットでプロジェクトの状態をすばやく保存し、手軽にバージョン管理
  • タイムラインの各オーディオチャネルにオーディオフェードハンドルを装備
  • タイムラインに数値を入力して、詳細なリタイミング速度を追加
  • リップルなしのリタイミングオプション
  • ワンステップで置き換えおよびリタイミング
  • プロジェクトのフレームサイズをカスタマイズ
  • すべてのクリップのタイプでスルー編集を表示
  • 「スルー編集を結合」コマンドで、タイムラインのクリップのブレードカットを削除
  • タイムラインのマルチカムクリップからオーディオを切り離して、オーディオおよびビデオを個別に編集
  • マルチカムクリップをソースとして使用して、タイムラインでビデオまたはオーディオのみを編集
  • J カットおよび L カットでオーディオをブレードおよび移動
  • J カットおよび L カットのスプリット編集中にオーディオをロール
  • ブラウザを非表示にするオプションで、画面上の表示領域を拡大
  • AVCHD カメラの .MTS および .MT2S ファイルをネイティブサポート
  • ソースクリップに使用中のメディアのマークを表示
  • 大きいプロジェクトのパフォーマンスを向上
  • 多くのクリップに同時にキーワードを追加したり編集したりするときのパフォーマンスを向上
  • 複数のキーフレームを簡単に移動、コピー、およびペースト
  • Ken Burns エフェクトにリニア・アニメーションのオプションを追加
  • InertiaCam および Tripod モードで、イメージの手ぶれ補正を向上
  • iOS デバイスから写真を読み込む
  • ビューアメニューからプロキシおよび再生品質のコントロールにアクセス
  • 静止画像の縦方向および横方向のメタデータをサポート
  • XML メタデータにエフェクトパラメータ、フォント、およびテキストサイズを追加
  • 収録中のメディアの追いかけ編集のサポートを向上
  • 他社製ソフトウェアを使用したカスタム共有操作の API
  • FxPlug 3 使用時のカスタムプラグインインターフェイスおよびデュアル GPU をサポート
  • 4K 解像度で YouTube に直接共有
  • 中国のビデオサイト Youku および Tudou に直接共有
  • スペイン語にローカライズ

Final Cut Pro X バージョン 10.1 では安定性とパフォーマンスが全体的に改善されました。また、以下の問題も修正されています。

  • SAN からのライブラリの読み込みが大幅に高速化されました。
  • ドライブのライブラリを閉じた後でもドライブを取り出すことができます。
  • タイムラインでトランジションを含むクリップを移動して、トランジションを含む基本シナリオから非常に簡単に取り出すことができるようになりました。
  • トリムのロール編集を使って、クリップをタイムラインから完全に切り取ることができます。
  • メディア管理機能をやり直し機能でキャンセルできます。
  • アプリケーションを終了すると、バックグラウンドプロセスがキャンセルされます。
  • AVCHD としてカメラから取得した 5.1 サウンドトラックサウンドオーディオは、読み込み中にステレオにミックスダウンされなくなりました。
  • 他社製アプリケーションを使って RED RAW ファイルを ProRes にトランスコードした場合、Final Cut Pro 内で元の RED ファイルに再接続できます。
  • 変形で、すべてのキーフレームのリニアモーションを適切に維持します。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.9

  • Sony XAVC メディアの使用時にグリーンのアーチファクトが発生する問題が解決されます。
  • インターレースメディアおよびリタイミングセグメントに関連したいくつかの問題 (書き出しが失敗することがある問題) が解決されます。
  • 安定性が改善されます。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.8

  • Sony XAVC コーデック (最高解像度:4K) のサポートが追加されます。
  • ARRI ALEXA カメラの ProRes Log C ファイルをスタンダード Rec.709 のカラー/コントラストレベルで表示するオプションが追加されます。
  • 一部の他社製のエフェクトのレンダリング時に緑色のフレームが生成される問題が解決されます。
  • 一部のタイトルとエフェクトの使用時に起きることがあるパフォーマンス上の問題が解決されます。
  • 時間が反転されているクリップをバックグラウンドでレンダリングできます。
  • タイムラインのクリップのアピアランスを調整するキーコマンドを使用できます。
  • ビデオファイルのタイムコードトラックに含まれるリール番号メタデータを表示できます。
  • サラウンドプロジェクト内のモノラルオーディオファイルが正しい音量レベルで書き出されます。
  • アプリケーションの再起動時に、ドロップゾーンがビデオの最初のフレームにリセットされなくなります。
  • 1 つのクリップ内で複数の範囲を選択するときのパフォーマンスの問題が解決されます。
  • 外部ビデオデバイスで視聴するときに、一部のクリップで「折り返して再生」機能が正常に動作しない問題が解決されます。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.7

  • レターボックスエフェクトの「オフセット」スライダが復元されました。
  • 1 層 DVD を作成する際に発生する可能性のある問題が修正されています。
  • 一部の他社製エフェクトが原因で Final Cut Pro がバックグラウンドレンダリング中に反応しなくなる問題が修正されています。
  • 一部の他社製トランジションでソースメディアではなく間違って黒が使われる問題が修正されています。
  • 取り込みを実行中の MXF ファイルの編集のサポートが追加されています。
  • Image Unit など、Motion テンプレートのレンダリングに関する問題が修正されています。
  • 同期したクリップまたは複合クリップでの「Modify RED RAW settings」ボタンの表示に関する問題が修正されています。
  • Vimeo への 1 GB を超えるクリップのアップロードに関する問題が修正されています。
  • ピクセルアスペクト比が異なる 2 つの隣接するクリップ上のフィルタに不正確なフレームサイズが使われる問題が修正されています。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.6

  • マルチチャンネルのオーディオファイルをタイムライン内で直接展開して、個々のオーディオチャンネルを詳細編集できます。
  • 統合された読み込みウインドウが、ファイルベースのカメラ、ネットワーク、ファイルのフォルダからのメディア転送に、単一のインターフェイスを提供します。メディアのチェック方法にフィルムストリップ表示とリスト表示のいずれかを選択して、頻繁に使う場所は、すばやくアクセスできるように「よく使う項目」サイドバーに保存できます。
  • 効率的な書き出しを実現するため、共有インターフェイスが再設計されました。複数の場所に書き出すためのカスタムバンドルをワンステップで作成できます。
  • イベントブラウザまたはプロジェクトのタイムラインで選択した範囲を書き出すことができます。
  • RED カメラのサポートでは、最大 5K までの REDCODE RAW のネイティブ編集、および Apple ProRes 4444 または ProRes Proxy にトランスコードするオプションを利用できます。Final Cut Proでディベイヤーのコントロールを直接調整できます。
  • MXF プラグインのサポートによって、他社製プラグインから読み込んだ MXF ファイルをネイティブで扱えます。この機能はアセット管理システムに、カスタムメタデータ付きのアーカイブ済みメディアを読み込む場合、およびメタデータ付きのメディアを書き出す場合に理想的です。
  • それぞれにビデオスコープディスプレイを備えたデュアルビューアにより、ショットを比較し、アクションと色をマッチさせることができます。ビューアとイベントビューアの下に表示できるように、スコープには縦向きレイアウトのオプションが含まれています。
  • ビデオファイル、DVD、および Blu-ray ディスクに書き出すために、タイムラインにチャプタマーカーを追加できます。また、カスタムのポスターフレームを設定するオプションも備えられています。
  • 範囲の選択機能では、イベントブラウザでもクリップ上の開始点と終了点が保持されるようになりました。「command」キーを使えば、1 つのクリップ上でも複数の選択範囲を作成できます。
  • 「パラメータをペースト」ウインドウでは、クリップ間でコピーする特定のエフェクトを選択できます。
  • 1回のキー操作 (option + F) でフリーズフレームをタイムラインに追加できます。
  • 直感的なオンスクリーンコントロールを使って、ドロップシャドウエフェクトを適用し、位置、エッジの切り落とし、アングルなどを調整できます。
  • Multicam クリップ (アングルビューアで「command + option」キーをクリック) 内で別のアングルからのオーディオを組み合わせることができます。
  • タイムラインでの複合クリップを作成すると、ほかのプロジェクトで使えるように、そのクリップがイベントブラウザに保存されるようになりました。元の複合クリップを変更すると、すべてのプロジェクトに含まれるコピーがアップデートされます。「新しい親クリップを参照」コマンドによって、タイムライン内の複合クリップを選択して、1 回の操作でイベントにコピーを保存できます。
  • XML 1.2 には、他社製 App との統合がより豊富に行えるように、強化されたメタデータの読み込みと書き出し機能が備えられています。
  • 「すべてをブレード」コマンドでは、ブレードツールを使って、すべてのストーリーラインおよび接続されたクリップを任意の位置で 1 回クリックするだけでカットできます。「すべてをブレード」を実行する位置を決める際は、「shift」キーを押しながらクリックします。
  • トランジションブラウザで「control」キーを押しながらサムネールをクリックして、「デフォルトにする」を選択すると、新しいトランジションをデフォルトに選択できます。デフォルトのトランジションは、「command + T」キーを押せば、どのクリップにでも割り当てることができます。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.6 では安定性とパフォーマンスが全体的に改善されました。また、以下の修正点が追加されています。

  • バックグラウンドレンダリングにグラフィックカードの GPU を使うことで、トランスコードやプロキシの作成など、CPU ベースのプロセスを、エフェクトのレンダリング中も中断せずに続行させることができます。
  • 「ループ再生」と「選択項目を再生」機能によって、インスペクタで調整を加えながらループ再生を続行させることができます。
  • データ転送に PTP (Picture Transfer Protocol) を使う、デジタル一眼レフやその他のカメラをコンピュータに直接接続した場合に、これらのカメラが「読み込み」ウインドウに表示されるようになりました。
  • システムパフォーマンスが向上し、複合クリップを扱う際のプロジェクトのサイズが小さくなりました。
  • タイムラインでクリップをクリックすると、再生ヘッドを移動せずにクリップを選択できます。「option」キーを押しながらクリップをクリックすると、クリップを選択して、同時に再生ヘッドを移動できます。
  • カスタムメタデータビューを作成して、XML 書き出しのプリセットとして使うことができます。カスタムメタデータのフィールドを伴う XML を読み込むと、Final Cut Pro でもデータが保持されます。
  • インスペクタの「アナモフィックの上書き」オプションを使って、クリップを手動でアナモフィックとしてタグ付けすることができます。
  • メディアが共有ストレージにあるイベントやプロジェクトを複製すると、リンクのみがコピーされます。これにより、同じ共有メディアにリンク付けされている別の編集ステーションに、イベントやプロジェクトを複製および移動する速度が上がります。
  • タイムラインでクリップを別の垂直位置に移動する場合の動作が向上しました。
  • ジェネレータが 1.8:1 のアスペクト比をサポートするようになりました。このアスペクト比は、フレームサイズの範囲に使われます。
  • ビデオのディゾルブは、いくつかのイーズインとイーズアウトが含まれるフィルムルックではなく、リニアのビデオルックがデフォルトになりました。
  • SDII オーディオファイルを読み込むことができます。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.5

Final Cut Pro X バージョン 10.0.5 は全体的な安定性が向上し、MacBook Pro (Retina, Mid 2012) 用に強化されています。

このアップデートでは以下の問題が修正されています。

  • SAN 使用時に変更内容が正しく保存されない問題が修正されています。
  • SAN 上でプロジェクトを切り替える際のパフォーマンスが向上しています。
  • Final Cut Pro X の再起動後にマルチカムクリップのロールが消失する可能性があるという問題が修正されています。
  • 15 分以上のムービーを YouTube にアップロードできるようになりました。
  • Sony の「Camera Import (カメラから読み込む)」プラグイン PDZK-LT2 を使って取り込んだスパンクリップのイン点とアウト点を正確にマークできるようになりました。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.4

  • 他社製 PCIe と Thunderbolt I/O デバイスを用いたブロードキャストモニタリングの画像の品質と反応が向上しています。
  • マルチカム同期と編集のパフォーマンスが向上しています。
  • 簡体中国語の言語サポートが追加されています。
  • 対応する iOS デバイス上で 1080p ビデオの共有オプションが追加されています。

Final Cut Pro バージョン 10.0.4 は、さらに以下の問題も修正されています。

  • 新規プロジェクトにデフォルトのオーディオチャンネルとしてステレオが設定されています。
  • XML プロジェクトの書き出しにマルチカムのメタデータが含まれています。
  • アルファチャンネルでバックグラウンドの上にスーパーインポーズされたビデオが、レンダリングの前と後でビューアに異なって表示されるという問題が修正されています。
  • アプリケーション起動後に一部のタイトルが再びレンダリングされる原因となった問題が修正されています。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.3

  • 自動同期機能でマルチカム編集。フォーマットやフレームレートの混在や、最大 64 のアングルをサポート
  • カラーサンプリングとエッジ品質をコントロールできる高度なクロマキーイング機能
  • プロジェクトやイベントを新しいメディアに手動で接続する際にメディアを再接続
  • レイヤー化された Photoshop グラフィックスの読み込み/編集
  • XML 1.1。プライマリカラーグレーディング、エフェクトパラメータ、オーディオキーフレームをサポート
  • 新しいキーコマンド、編集可能な数値フィールド、ドラッグしたときに無限のスライダのように動作する調整可能なパラメータなど、カラーボードの機能の向上
  • インスペクタで色補正を並べ替える機能
  • イベントブラウザでリスト表示時にビデオクリップのクリップ範囲を表示
  • クリップの日付と時刻のバッチオフセット
  • 「よく使う項目」範囲および「不採用」範囲に追加されたテキストを検索する機能
  • 他社製 PCIe や Thunderbolt I/O デバイスを用いたベータ版のブロードキャストモニタリング

Final Cut Pro X 10.0.3 では安定性とパフォーマンスが全体的に改善されました。また、以下の問題も修正されています。

  • タイトルのテキストを編集している際のパフォーマンスが向上しています。
  • エフェクトブラウザからエフェクトを適用する際のパフォーマンスが向上しています。
  • インスペクタでのキーフレームの動作が向上しています。時間的に別のポイントに移動したり、パラメータを調整したりしたときにキーフレームが自動的に追加されます。
  • 新しく追加されたトランジションすべてが利用可能なメディアを使い、プロジェクトの長さを維持するよう、トランジションの動作が修正されています。
  • スキミング中にソロのオーディオが影響を受ける問題が修正されています。
  • 無音のオーディオチャンネルを含むメディアでの「クリップを同期」の使用に関連する問題が修正されています。
  • 「エフェクトをペースト」コマンドの使用時に連続的なスピードのリタイミングが正しく適用されない問題が修正されています。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.2

  • Final Cut Pro X の再起動時にタイトルのフォントがデフォルトに戻ってしまう問題が修正されています。
  • 一部の他社製モバイルデバイスで収録したファイルが正しく再生されない問題が修正されています。
  • 複合クリップの開始時間を変更する際の安定性の問題が修正されています。

Final Cut Pro X バージョン 10.0.1

  • ロール機能を使用して、オーディオおよびビデオのステムを 1 つのマルチトラック QuickTime ムービーまたは分割されたファイルとして書き出すことができます。
  • XML の読み込みと書き出しにより、他社製のワークフローをサポートします。
  • プロジェクトとイベントを Xsan に配置することにより、エディタ間の共同作業が向上します。
  • プロジェクトにカスタムの開始タイムコードを設定できます。
  • 接続されたクリップに、1 回の操作でトランジションを追加できます。
  • OS X Lion でフルスクリーン表示を有効にできます。
  • GPU で高速化した書き出しにより、配信速度を向上できます。
  • 4 つのアニメーション化されたタイトルと、それにマッチする 1 つのトランジションを備えた新しいテーマ「トリビュート」を利用できます。

このアップデートでは安定性とパフォーマンスも全体的に改善されました。また、以下の問題も修正されています。

  • Aperture および iPhoto から写真ブラウザを通じて DSLR ビデオを読み込む機能が追加されています。
  • Final Cut Pro X が開いているときにカメラカードを取り出す機能が追加されています。
  • メディアストレージとして起動ボリュームまたは Time Machine ボリュームを常に使用する機能が追加されています。
  • オーディオの同期パフォーマンスが改善され、フレームサイズおよびフレームレートが異なるオーディオを同期する機能が追加されています。
  • アルファチャンネルがトランジションに適切に保存されない問題が修正されています。
  • タイトルがタイムライン上で移動することがある問題が修正されています。
  • スローモーションを適用する際、またはインターレースのビデオで作業する際のビデオのリタイミングの品質の問題が修正されています。
  • カスタムの ICC カラープロファイルがビューア内のイメージに影響をおよぼす問題が修正されています。
  • 自動保存の性能と信頼性が向上しています。
公開日: