システム機能拡張と macOS について

一部のシステム機能拡張は、現行バージョンの macOS との互換性がないか、今後リリースされるバージョンの macOS との互換性がなくなる見込みです。システム機能拡張またはカーネル機能拡張に関する警告が表示される場合の対処法をご案内します。 

システム機能拡張はバックグラウンドで働き、Mac の機能を拡張してくれます。一部の App はカーネル機能拡張 (kext) をインストールします。kext は一種のシステム機能拡張ですが、比較的古い (最近の技術と比べれば安全性も信頼性も劣る) 手法を用いて機能します。Mac は、これらをレガシーのシステム機能拡張として区別します。

2019 年、Apple は開発者の皆様に対し、macOS Catalina がレガシーのシステム機能拡張に完全対応する最後の macOS となることをお知らせし、その後も、開発者の皆様がソフトウェアを適宜移行できるよう協力して参りました。


システム機能拡張に関する警告が表示される場合

開発元によって署名された機能拡張が読み込まれた、または読み込もうとしたという警告が Mac に表示される場合があります。 

  • システム環境設定の「セキュリティとプライバシー」パネルを開いて、機能拡張を許可するように案内される場合があります。状況によっては Mac の再起動も必要です。 
  • 機能拡張のアップデートが必要であるか、将来の macOS のバージョンには対応しないため、開発元に問い合わせるように案内される場合があります。
  • コンピュータに損害を与えるおそれがあるため、ブロックされたと警告してくれる場合があります。

Apple シリコン搭載の Mac では、場合によっては先に起動セキュリティユーティリティを使い、セキュリティポリシーを「低セキュリティ」に設定して、「確認済みの開発元から提供されたカーネル機能拡張のユーザ管理を許可」チェックボックスを選択しておく必要があります。

システム管理者はモバイルデバイス管理 (MDM) を使ってレガシーのシステム機能拡張を管理できます。 

必要に応じて、開発元にお問い合わせの上、ソフトウェアのアップデート版の提供状況または提供予定をご確認ください。機能拡張を削除または無効化する方法や、削除または無効化した場合にどうなるかについても、開発元にご相談ください。

開発者に向けた技術詳細は、「Deprecated Kernel Extensions and System Extension Alternatives」(英語) で公開しています。

 

 

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: