Aperture のライブラリを写真 App または Adobe Lightroom Classic に移行する

macOS Mojave より新しいバージョンの macOS では、Aperture は動作しません。Aperture のライブラリを写真 App や Adobe Lightroom Classic に移行する方法をご案内します。

去る 2014 年 6 月、Apple は Aperture の開発終了を発表しました。それ以来、Apple は macOS のメジャーアップデートを 6 つリリースしています。技術上の理由から、macOS Mojave が Aperture を実行できる最終バージョンの macOS となります。macOS Catalina 以降の macOS には、Aperture との互換性はありません。

Aperture のフォトライブラリを今後も使うには、別の写真編集アプリケーションに移行しておく必要があります。macOS Yosemite 以降に付属している写真 App に移行するか、Adobe Lightroom Classic や別の App に移行するという選択肢があります。この移行作業は、macOS Catalina にアップグレードする前に済ませておいてください。

 


ライブラリを写真 App に移行する

macOS Mojave 以前をお使いの場合

macOS Mojave 以前をお使いの場合は、以下の手順を実行してください。

  1. Aperture を開きます。
  2. 「Aperture」>「環境設定」の順に選択し、「プレビュー」タブをクリックし、「写真プレビュー」の設定を「制限しない」に変更します。環境設定ウインドウを閉じます。
  3. 「ライブラリ」インスペクタのプロジェクトのリストで、すべてのプロジェクトを選択します。たとえば、リストの最初のプロジェクトをクリックし、「shift」キーを押しながら最後のプロジェクトをクリックします。
  4. ツールバーで「ブラウザ」レイアウトボタンをクリックし、すべての写真をサムネール形式で表示します。
  5. 「編集」>「すべてを選択」の順に選択し、写真をすべて選択します。
  6. 「option」キーを押しながら、「写真」>「プレビューを生成」の順に選択します。
  7. これで、Aperture のライブラリの中にあるすべての写真のフルサイズのプレビューが生成されます。その進行状況を確認するには、「ウインドウ」>「アクティビティを表示」の順に選択してください。処理が終わったら、Aperture を終了します。
  8. 写真 App を開いて、選択画面 (上図) で Aperture ライブラリを選択します。ライブラリの選択画面が表示されない場合は、「option」キーを押しながら写真 App を開いてください。Aperture ライブラリがリストに表示されていない場合は、「その他のライブラリ」を選択し、ライブラリを選択します。

写真 App に Aperture ライブラリの写真が表示される場合は、移行が完了しています。写真 App での移行の仕組みについてはこちらの記事、Aperture のコンテンツやメタデータが写真 App でどのように扱われるかについてはこちらの記事、Aperture のスマートアルバムの表示が写真 App ではどうなるかについてはこちらの記事を参照してください。

macOS Catalina をお使いの場合

macOS Catalina 以降の macOS には、Aperture との互換性はありません。ライブラリを写真 App に移行する前に macOS Catalina にアップグレードしてしまった場合は、以下の手順を実行してください。

  1. macOS Catalina の最新のアップデートをインストールします。Mac に macOS Catalina 10.15.1 以降をインストールしておく必要があります。
  2. macOS Catalina 10.15 をインストールしたが、macOS Catalina 10.15.1 にアップデートする前の段階でライブラリを写真 App に移行した場合は、この先に進む前に、以下の手順を実行してください。
    1. Finder で Aperture のライブラリを選択します。デフォルトでは、「Aperture Library」という名前が付いていて、ホームフォルダの「ピクチャ」フォルダ内にあります。 
    2. 「ファイル」>「情報を見る」を選択します。Aperture ライブラリの情報ウインドウが開きます。
    3. 情報ウインドウの「名前と拡張子」セクションで、ファイル名の末尾の「.migratedphotolibrary」を「.aplibrary」に置き換えます。その後、ウインドウを閉じます。
  3. 写真 App を開いて、選択画面 (上図) で Aperture ライブラリを選択します。ライブラリの選択画面が表示されない場合は、「option」キーを押しながら写真 App を開いてください。Aperture ライブラリがリストに表示されていない場合は、「その他のライブラリ」を選択し、ライブラリを選択します。

写真 App に Aperture ライブラリの写真が表示される場合は、移行が完了しています。写真 App での移行の仕組みについてはこちらの記事、Aperture のコンテンツやメタデータが写真 App でどのように扱われるかについてはこちらの記事、Aperture のスマートアルバムの表示が写真 App ではどうなるかについてはこちらの記事を参照してください。

 


ライブラリを Adobe Lightroom Classic に移行する

Adobe Lightroom Classic バージョン 5.7 以降には、Aperture のライブラリを Lightroom カタログに移行するためのツールが付属しています。

macOS Catalina にアップグレード済みの場合は、Lightroom Classic との互換性についてこちらでご確認ください。

Aperture のライブラリを Lightroom に移行する場合、ライブラリの編成、メタデータ、イメージの調整はそのまま維持されますが、一部例外があります。

  • RAW ファイルは移行されますが、Aperture の非破壊の調整レイヤーは移行されません。Lightroom の移行ツールには、Aperture から編集済みイメージのフルサイズの JPEG プレビューを書き出し、読み込むオプションがあります。Aperture での編集処理を別のフォーマットで残したい場合は、まず、編集済みのイメージを Aperture から書き出し、ライブラリを移行した後で Lightroom に再読み込みしてください。
  • プロジェクト、フォルダ、アルバムは Lightroom のコレクションやコレクションセットに移行されます。
  • 顔、カラーラベル、スタックはキーワードとして移行されます。
  • 不採用のイメージは、コレクションに移行されます。
  • スライドショーはコレクションとして移行されます。
  • スマートアルバムやカスタムメタデータフィールドは移行されません。
  • アルバムの編成はアルファベット順になるため、サイドバーで順番を入れ替えていた場合、その順番が維持されない場合があります。
  • カスタムメタデータフィールドは移行されません。

 

 


Aperture のライブラリを書き出す

Aperture ライブラリの中身を書き出して、バックアップしたり、別の App に読み込んだりすることもできます。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: