iPhone でポートレートモードを使う

ポートレートモードで息を呑むような写真を撮りましょう。iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X でポートレートモードを使う方法をご案内します。

ポートレートモードでは、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone X に搭載されているデュアルカメラを使って、被写界深度エフェクトを適用できます。背景をきれいにぼかしつつ、被写体を際立たせた写真を撮影できる機能です。iPhone 8 Plus や iPhone X では、魅力的な照明エフェクトを写真に適用することもできます。iPhone X の TrueDepth カメラなら、ポートレートモードでセルフィーを撮ることだって可能です。

まずは、iPhone を最新バージョンの iOS にアップデートしておきましょう。
 

    

ポートレートモードで写真を撮る

いとも簡単に完璧な写真が撮れます。スワイプして「ポートレート」を選択し、写真を撮るだけ。カメラ App はリアルタイムでヒントも教えてくれます。被写体に近すぎたり遠すぎたり、周囲が暗すぎたりすると知らせてくれます。True Tone フラッシュを使う、タイマーを設定する、カメラフィルタを適用することもできます。

  1. カメラ App を開きます。
  2. スワイプしてポートレートモードに切り替えます。
  3. 黄色いポートレートボックスを探します。
  4. をタップします。

ポートレートモードで写真を撮影したら、トリミングや自動補正などの編集を加えることができます。


 

ポートレートライティングを追加する

iPhone 8 Plus と iPhone X では、ポートレートライティング機能を使って、スタジオで撮影したかのような印象的な 4 つの照明エフェクトをポートレートモードの写真に適用できます。顔の造作を明るく照らす「スタジオ照明」、明るさの強弱を付けて印象的な陰影を作る「輪郭強調照明」、被写体だけにスポットライトを当てる「ステージ照明」、ステージ照明と同様で、なおかつ古典的なモノクロ表示の「ステージ照明 (モノ)」の中から選択できます。

  1. 編集したい写真を選択します。
  2. 「編集」をタップします。
  3. スワイプして照明エフェクトを選択します。
  4. 「完了」をタップします。

ポートレートライティングは、現時点ではベータ版の機能です。

ポートレートモードでセルフィーを撮る

iPhone X を使えば、ほかの人の写真を撮るときと同じ要領で、ポートレートモードでセルフィーを撮れるようになりました。まず をタップしてカメラを切り替えておきましょう。

  1. カメラ App を開きます。
  2. スワイプしてポートレートモードに切り替えます。
  3. をタップします。
  4. iPhone X を顔の前で持ちます。
  5. いずれかの音量ボタンを使ってセルフィーを撮ります。

ポートレートモードのエフェクトを削除する

ポートレートモードで写真を撮影した後で、ぼかしたエフェクトが要らないと思った場合は、簡単な操作で削除できます。

  1. 編集したい写真を選択します。
  2. 「編集」をタップします。
  3. 画面の上部にある「ポートレート」をタップします。 

後から気が変わり、ポートレートモードのエフェクトを再び適用したくなったら、「編集」をタップし、もう一度「ポートレート」をタップしてください。

公開日: