iPhone でポートレートモードを使う

ポートレートモードを使って息をのむような写真が撮れます。

ポートレートモードでは、この機能に対応した iPhone* のデュアルカメラを使って、被写界深度エフェクトを適用できます。背景をぼかし、被写体を際立たせた写真を撮影できる機能です。

魅力的な照明エフェクトを写真に適用することもできます。さらに iPhone X 以降の TrueDepth カメラなら、ポートレートモードでセルフィーを撮ることだって可能です。

まずは、最新バージョンの iOS を使っているか確認しておきましょう。

* ポートレートモードは、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 7 Plus で使えます。

 

iPhone でポートレートモードの写真を撮る

ポートレートモードで写真を撮る

以下の手順にそって、完璧な写真を撮りましょう。

  1. カメラ App を開いてスワイプし、ポートレートモードに切り替えます。
  2. 画面に「離れてください」などのヒントが表示されるので、その通りにします。ポートレートモードで撮影できるようになると、照明エフェクト (「自然光」など) が黄色く表示されます。
  3. シャッターボタン をタップします。

被写体に近すぎたり遠すぎたり、周囲が暗すぎたりすると、カメラ App が知らせてくれます。True Tone フラッシュを使う、タイマーを設定する、フィルタを適用することもできます。写真を撮った後で、デバイスに組み込まれた編集機能を使って、トリミングや自動補正などの編集ができます。


 


iPhone でポートレートライティングを追加する

ポートレートライティングを追加する

iPhone X 以降と iPhone 8 Plus では、ポートレートライティング機能を使って、スタジオで撮影したかのような 4 つの照明エフェクトをポートレートモードの写真に適用できます。顔の造作を明るく照らす「スタジオ照明」、明るさの強弱を付けて印象的な陰影を作る「輪郭強調照明」、被写体だけにスポットライトを当てる「ステージ照明」、ステージ照明と同様で、なおかつ古典的なモノクロ表示の「ステージ照明 (モノ)」の中から選択できます。

ポートレートモードで写真を撮るときに、照明エフェクトのプレビューを画面にリアルタイムで表示できます。カメラ App をポートレートモードにした状態で、ファインダーの下部に表示される照明エフェクトを左右にスワイプして切り替えてください。選択した照明エフェクトを適用して、ポートレートモードの写真を撮れます。

すでにポートレートモードで撮影した写真のポートレートライティングエフェクトを変更することもできます。

  1. 写真 App を開いて、変更したいポートレートモードの写真を選択します。
  2. 「編集」をタップします。写真の下部に照明エフェクトが表示されます。
  3. 照明エフェクトをスワイプして、目的のエフェクトを選択します。
  4. 「完了」をタップします。

 

iPhone でポートレートモードのセルフィーを撮る

ポートレートモードでセルフィーを撮る

iPhone X 以降なら、ポートレートモードでセルフィーを撮れます。以下の手順を実行してください。

  1. カメラ App を開きます。
  2. スワイプしてポートレートモードに切り替えて、フロントカメラのボタン をタップします。
  3. iPhone を顔の前で持ちます。
  4. いずれかの音量ボタンを使ってセルフィーを撮ります。

ポートレートモードのエフェクトを削除する

すでに撮影した写真からポートレートモードのエフェクトを解除するには、以下の手順を実行してください。

  1. 編集したい写真を選択します。
  2. 「編集」をタップします。
  3. 画面の上部にある「ポートレート」をタップします。 

後から気が変わり、ポートレートモードのエフェクトを再び適用したくなったら、「編集」をタップし、もう一度「ポートレート」をタップしてください。

関連情報

学ぶ、創る、ひらめく。Apple Store で毎日開催される体験セッションに参加してみましょう。お近くで開催されている Today at Apple セッションについては、こちらでご確認ください。

公開日: