iPhone、iPad、iPod touch で写真を削除する

要らなくなった写真やビデオは簡単に削除できます。ゴミ箱アイコンをタップするだけで終わりです。デバイスの空き容量を増やす方法や、間違えて削除してしまった写真を取り戻す方法もご説明します。

デバイスの容量を確保する

削除する前に、まだ残しておきたい写真やビデオを必ずバックアップしておいてください。iCloud 写真をお使いの場合、1 台のデバイスで写真やビデオを削除すると、同じ Apple ID でサインインしているほかのすべてのデバイスでも削除されます。

デバイスの空き容量を調べるには、「設定」>「一般」>「[デバイス] ストレージ」の順に選択してください。写真で使われるストレージの管理については、こちらの記事を参照してください。


必要なものだけを残す

ゴミ箱のアイコン をタップすれば、iPhone、iPad、または iPod touch から写真やビデオが削除されます。削除した写真は、「最近削除した項目」アルバムの中に移動します。このフォルダに 30 日間保管され、それ以降は完全に削除されます。

iPhone、iPad、iPod touch に iTunes から写真を追加した場合、それらの写真はデバイスの写真 App で直接削除することができません。iTunes から写真を削除する方法については、こちらの記事を参照してください。

1 枚の写真を削除する

削除したい写真やビデオをタップした後で表示される「写真を削除」オプション

  1. 写真 App を開きます。
  2. 削除したい写真またはビデオをタップします。
  3. ゴミ箱のアイコン >「写真を削除」の順にタップします。

 

複数の写真を削除する

写真 App で複数の写真が選択されているところ

  1. 写真 App を開いて、「選択」をタップします。
  2. 削除したい写真またはビデオを 1 つずつタップしていきます。
  3. ゴミ箱のアイコン >「[] 枚の写真を削除」の順にタップします。


写真を取り戻す

写真を間違えて削除してしまった場合、30 日以内であれば「最近削除した項目」アルバムから取り戻せます。写真やビデオを復元したら、「すべての写真」アルバムに戻ります。 

  1. 写真 App を開いて、「アルバム」タブを表示します。
  2. 「最近削除した項目」アルバムを開いて「選択」をタップします。
  3. 残しておきたい写真またはビデオをそれぞれタップします。
  4. 「復元」をタップし、その写真を復元することを確定します。

写真またはビデオが見当たらなくなった場合は、こちらの記事の手順にそって探してみてください。


写真を完全に削除する

削除してから 30 日以内の写真またはビデオを完全に削除したい場合は、「最近削除した項目」アルバムから削除できます。このアルバムから削除した写真は、取り戻せなくなります。

  1. 写真 App を開いて、「アルバム」タブを表示します。
  2. 「最近削除した項目」アルバムを開いて「選択」をタップします。
  3. 完全に削除したい写真またはビデオをそれぞれタップします。
  4. 「削除」をタップして、写真を削除することを確定します。


すべて削除してリセットする

デバイスを売却または譲渡する前に、本体をリセットして、写真やビデオをすべて削除しておくことをお勧めします。デバイスのコンテンツと設定を消去すると、曲、ビデオ、連絡先、写真、カレンダー情報など、あらゆる情報が削除され、リセットされます。デバイスの設定はすべて出荷時の状態に復元されます。

公開日: