iPhone や iPad で写真を削除する

写真やビデオは 1 つずつ、または複数まとめて削除できます。間違えて削除してしまったものを取り戻すこともできます。

削除の前に

まだ残しておきたい写真やビデオは必ずバックアップしておいてください。iCloud 写真をお使いの場合、1 台のデバイスで写真やビデオを削除すると、同じ Apple ID でサインインしているほかのすべてのデバイスでも削除されます。iCloud 写真で写真やビデオを削除する方法については、こちらを参照してください。

デバイスの空き容量を調べるには、「設定」>「一般」>「[デバイス] ストレージ」の順に選択してください。写真で使われるストレージの管理については、こちらの記事を参照してください。


写真やビデオを削除する

削除した写真やビデオは、30 日間は「最近削除した項目」アルバムに保管されます。30 日が経過したら、完全に削除されます。

iCloud 写真をお使いの場合、1 台のデバイスで写真やビデオを削除すると、ほかのデバイスからも削除されます。

iPhone や iPad をコンピュータに接続し、それらのデバイスに写真を追加した場合、デバイスの写真 App でそれらの写真を直接削除することはできません。iPhone や iPad で写真を削除しようとした際にグレイのゴミ箱ボタン が表示される場合は、必要に応じてコンピュータからの写真の同期を停止してください。コンピュータからの写真の同期を停止する方法については、こちらの記事を参照してください。

写真を 1 枚削除する方法

iPhone に「写真を削除」オプションが表示されているところ

  1. 写真 App を開きます。
  2. 「ライブラリ」タブで「すべての写真」をタップし、削除したい写真またはビデオを選択します。
  3. ゴミ箱のボタン をタップし、「写真を削除」をタップします。
     

複数の写真を削除する方法

iPhone の写真 App で複数の写真が選択されているところ

  1. 写真 App を開きます。
  2. 「ライブラリ」タブで「すべての写真」をタップし、「選択」をタップします。
  3. 複数の写真をタップしていくか、複数の写真の上に指を滑らせて、複数枚を選択します。
  4. ゴミ箱のボタン をタップし、複数の写真を削除することを確定します。
     

iOS 16.1、iPadOS 16.1 以降では、iCloud 共有写真ライブラリを作成し、最大 5 人に参加を依頼できます。共有ライブラリの参加者なら誰でも、写真やビデオを削除、追加、または編集できます。誰かが共有ライブラリから写真やビデオを削除すると、ほかの人も見ることはできなくなります。「最近削除した項目」から写真やビデオを完全に削除したり復元したりできるのは、その写真やビデオを共有ライブラリに追加した本人だけです。30 日以内であれば、「最近削除した項目」アルバムから写真やビデオを取り戻せます。

重複した写真やビデオを削除する

  1. 写真 App で、「アルバム」をタップします。
  2. 「その他」で「重複項目」アルバムをタップします。
  3. 「結合」をタップして、重複する写真やビデオを 1 つにまとめます。
  4. 確認のため、「[数] 個の項目を結合」をタップします。

重複する写真を結合すると、関連データがまとめられ、画質が一番良い 1 枚だけがライブラリに残ります。選ばれなかった重複写真は「最近削除した項目」アルバムに移動します。

「重複項目」アルバムは、iOS 16、iPadOS 16.1 以降で利用できます。重複検出は自動で行われますが、時間がかかる場合があります。


削除した写真やビデオを取り戻す

  1. 写真 App を開いて、「アルバム」タブをタップします。
  2. 「その他」の下の「最近削除した項目」アルバムをタップします。
  3. iOS 16、iPadOS 16.1 以降では、Face ID や Touch ID で「最近削除した項目」アルバムのロックを解除します。
  4. 「選択」をタップします。
  5. 残しておきたい写真またはビデオを選択して、「復元」をタップします。アルバム内の写真やビデオをすべて復元したい場合は、「すべて復元」をタップします。
  6. 確認のため、「写真を復元」をタップします。

写真やビデオを間違えて削除してしまった場合も、30 日以内であれば「最近削除した項目」アルバムから取り戻せます。復元した写真やビデオは「ライブラリ」に戻ります。

写真やビデオがなくなった場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

「最近削除した項目」アルバムをデフォルトでロック解除しておく

  1. 設定 App を開きます。
  2. 「写真」をタップします。
  3. 「Face ID を使用」をオフにします。

iOS 16、iPadOS 16.1 以降では、「非表示」アルバムや「最近削除した項目」アルバムを表示する際に、デフォルトでは Face ID または Touch ID での認証が必要になります。「Face ID を使用」をオフにすると、「非表示」アルバムもデフォルトでロック解除されるようになります。写真を非表示にする方法については、こちらの記事を参照してください。

写真を完全に削除する

  1. 写真 App を開いて、「アルバム」タブをタップします。
  2. 「最近削除した項目」アルバムをタップします。
  3. iOS 16、iPadOS 16.1 以降では、Face ID や Touch ID で「最近削除した項目」アルバムのロックを解除します。
  4. 「選択」をタップします。
  5. 目的の写真やビデオを選択して、「削除」をタップします。アルバム内の写真やビデオをすべて削除したい場合は、「すべて削除」をタップします。
  6. 確認のため、「写真を削除」をタップします。

このアルバムから削除した写真は、取り戻せなくなります。

公開日: