通話中の相手の声や留守番電話メッセージが聞こえない場合や、iPhone の音質が悪い場合

iPhone で通話中や留守番電話メッセージ再生中に相手の声がはっきりと聞こえない場合があります。または、パチパチという音がしたり、ノイズが入ったり、一般的に音質が悪いことがあります。この記事では、こうした場合の対処法をご説明します。 

iPhone の音量とレシーバー

音量を上げる

通話中は、音量ボタンを使って音量を調整してください。音量ボタンを押したときに、画面に音量インジケータが表示されているか確認してください。

接続を確認する

iPhone をヘッドセットに接続している場合、またはスピーカーフォンを使っているときは、iPhone のレシーバーから音は聞こえてきません。以下のように対処します。各手順が完了したら、そのつど問題が解決したかどうかテストしてください。

  1. ヘッドフォンジャックや Dock コネクタポートに何も接続されていないことを確認します。
  2. 「設定」>「Bluetooth」の順に選択し、「Bluetooth」をオフにします。

レシーバーを掃除する

iPhone のレシーバーは、ふさがれていたり、汚れていると、正常に機能しません。

以下のように対処します。各手順が完了したら、そのつど問題が解決したかどうかテストしてください。

  • ケースや画面保護シートなど、レシーバーをふさいでいるものが何もないことを確認します。
    新しい iPhone をお使いの場合は、デバイスの前面と背面からプラスチック製のフィルムをはがします。
  • レシーバーの開口部がふさがっていたり、汚れていたりしないか確認します。異物がある場合は、毛先の柔らかい小さいブラシでレシーバーの開口部を掃除します。ブラシは清潔で、乾燥しているものを使います。
  • 通話中に、スピーカーフォンに切り替えます。それでもまだ聞こえない場合は、ネットワークまたは受信状態に問題がある可能性が考えられます。別の場所からもう一度かけ直してみてください。

レシーバーを調べる

以下の手順にそって、レシーバーまたはネットワークに問題がないか確認してください。

  1. ボイスメモ App を開いて、短いオーディオクリップを録音します。ボイスメモ App がない場合は、復元できます。復元方法については、こちらの記事を参照してください。
  2. 画面の右上の  をタップして、スピーカーとレシーバーの間で再生を切り替えます。
  3.  をタップして、デバイスのレシーバーを通じてボイスメモを再生します。
  4. ボイスメモが通常通りの音声で聞こえた場合 (歪み、音割れ、雑音がない)、通信事業者のネットワークや留守番電話メッセージシステムの方に問題があると考えられます。詳しくは、ご契約先の通信事業者にお問い合わせください。

再起動してアップデートする

  1. iPhone を再起動してもう一度テストします。
  2. それでも音声が聞こえない場合や音質が悪い場合は、iPhone を最新バージョンの iOS にアップデートします。

その他の情報

上記の手順を試しても iPhone から音が聞こえなかったり、音質が悪かったりする場合は、Apple サポートにお問い合わせください。

通話中、自分の声が相手に聞こえない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: