iTunes を使ってコンピュータと iOS/iPadOS デバイスの間でファイルを共有する

お使いのコンピュータと iOS/iPadOS デバイス上の App との間で、ファイル共有機能を使ってファイルを相互にコピーできます。

始める前に

macOS Catalina をお使いの場合は、Finder を使って、コンピュータと iOS/iPadOS デバイスとの間でファイルを共有してください。

ファイル共有の代わりに、お使いのどのデバイスでも常に最新版の書類を扱えるように、iCloud Drive、Handoff、または AirDrop を活用することをご検討ください。

iCloud Drive を使えば、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、または Windows パソコンからすべての書類に安全にアクセスできるようになります。どのデバイスを使っていても、必要なときに常に最新の書類が手に入ります。

Handoff を活用すると、あるデバイスで書き始めた書類やメール、メッセージの続きを別のデバイスで書くことができます。Handoff は、メール、Safari、マップ、メッセージ、リマインダー、カレンダー、連絡先、Pages、Numbers、および Keynote などの Apple 製 App で利用できます。他社製 App の中にも、一部対応しているものがあります。

AirDrop では、近くにあるほかの Apple デバイスと写真、ビデオ、Web サイト、位置情報などを共有できます。

ファイル共有機能を使うために必要な条件

お使いの iOS/iPadOS App がコンピュータとのファイル共有に対応しているか確認する

  1. Mac または Windows パソコン上で iTunes を開きます。
  2. iPhone、iPad、iPod touch を付属の USB ケーブルでコンピュータに接続します。
  3. iTunes でデバイスをクリックします。デバイスが見つからない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
    デバイスのボタン。
  4. 左側のサイドバーで「ファイル共有」をクリックします。
    iTunes のウインドウで iPhone が選択され、リストで「ファイル共有」が選択されているところ。
  5. App を選択すると、デバイス上のその App で共有できるファイルが表示されます。「ファイル共有」セクションが表示されない場合は、デバイス上にファイル共有対応の App がありません。
    iTunes のウインドウに、共有可能な Keynote 書類が数個表示されているところ。

コンピュータから iOS/iPadOS App にファイルをコピーする

  1. iTunes で、「ファイル共有」セクションのリストから App を選択します。
  2. フォルダまたはウインドウから「書類」リストにファイルをドラッグアンドドロップすると、そのファイルがデバイスにコピーされます。
    iTunes の「書類」リストで「追加」をクリックして、コンピュータからコピーしたいファイルを指定して、「追加」をクリックする方法もあります。指定したファイルがデバイス上の該当の App にコピーされます。その App が対応しているファイルだけを選択するようにしてください。 対応しているファイルの種類については、該当する App のユーザガイドでご確認ください。
    Keynote プレゼンテーションを「Keynote の書類」リストにドラッグアンドドロップしているところ。

iOS/iPadOS App からコンピュータにファイルをコピーする

  1. iTunes で、「ファイル共有」セクションのリストから App を選択します。
  2. 「書類」リストからファイルをドラッグし、コンピュータ上のフォルダまたはウインドウにドロップすると、それらのファイルがコンピュータにコピーされます。
    コンピュータにコピーしたいファイルを「書類」リストで選択してから「保存」をクリックし、そのファイルの保存先のフォルダをコンピュータ上で探してから、「保存」をクリックする方法もあります。
    ファイルを「Keynote の書類」リストにドラッグアンドドロップしているところ。

共有ファイルを開く

iOS デバイスで、ファイル共有用として選択した App を使って、コンピュータからコピーしたファイルを開くことができます。

デバイス上のほかの App や場所からこれらのファイルにアクセスすることはできません。デバイスがコンピュータに接続されていれば、iTunes の「ファイル共有」セクションでファイルのリストを確認できます。

共有ファイルをバックアップする

iCloud (または iTunes) でデバイスをバックアップする際、共有ファイルもバックアップされます。

ファイルを共有している App を iOS デバイスから削除した場合、共有ファイルもデバイスと iCloud バックアップまたは iTunes バックアップから削除されます。共有ファイルがなくならないように、iOS デバイスから App を削除する前に、それらのファイルをコンピュータにコピーしておいてください。

共有ファイルを iOS デバイスから削除する

ファイル共有を使って iOS/iPadOS App にコピーしたファイルを削除するには、次の手順を実行してください。

  1. Mac または Windows パソコン上で iTunes を開きます。
  2. iPhone、iPad、iPod touch を付属の USB ケーブルでコンピュータに接続します。
  3. iTunes で デバイスを選択します。デバイスが見つからない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  4. 「ファイル共有」セクションのリストから App を選択します。
  5. 削除するファイルを「書類」リストで選択して、キーボードの「delete」キーを押します。
  6. 削除してもよいか確認するメッセージが表示されたら、「削除」をクリックします。

ほかの方法でも App からファイルを削除できる場合があります。詳しくは、App のユーザガイドを参照してください。

公開日: