Finder を使って Mac と iPhone/iPad/iPod touch でファイルを共有する

macOS Catalina では、Finder を使って、iOS/iPadOS デバイスと Mac との間でファイルを共有できます。

macOS Mojave 以前または Windows パソコンをお使いの場合は、iTunes を使ってコンピュータと iOS/iPadOS デバイスでファイルを共有してください。

ほかの共有方法

Mac とデバイス間でファイルを共有するほかの方法をご紹介します。これらの機能はワイヤレスで使えます。

iCloud Drive を使えば、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、または Windows パソコンからすべての書類に安全にアクセスできるようになります。どのデバイスを使っていても、必要なときに必要な場所で常に最新の書類が手に入ります。

Handoff を活用すると、あるデバイスで書き始めた書類やメール、メッセージの続きを別のデバイスで書くことができます。Handoff は、メール、Safari、マップ、メッセージ、リマインダー、カレンダー、連絡先、Pages、Numbers、および Keynote などの Apple 製 App で利用できます。他社製の App でも、一部機能するものがあります。

AirDrop を使えば、近くにあるほかの Apple 製デバイスと、写真、ビデオ、書類などをすばやく共有できます。

Finder でファイルを共有するために必要な環境

Mac とのファイル共有に対応した iOS/iPadOS App を確認する

  1. Finder ウインドウを開きます。
  2. iPhone、iPad、iPod touch を USB ケーブルでコンピュータに接続します。
  3. Finder でデバイスを選択します。コンピュータでデバイスが認識されない場合は、こちらの記事を参照してください。
  4. 「ファイル」タブをクリックし、ファイル共有に対応した App のリストを確認します。「ファイル」セクションが表示されない場合は、ファイル共有に対応した App がデバイス上にありません。
  5. App の横にある三角形のアイコンをクリックして、共有できるファイルを確認します。

Mac からデバイスにコピーする

  1. コピーしたいファイルを選択します。App で使えるファイルだけを選択してください。扱えるファイルについては、App のユーザガイドをご確認ください。
  2. ファイルをデバイス上の App にドラッグします。Finder がファイルをデバイスにコピーします。

デバイスから Mac にコピーする

  1. コピーしたいファイルを選択します。
  2. ファイルをコンピュータ上のフォルダにドラッグします。Finder がファイルをコンピュータにコピーします。

共有ファイルを開く

iPhone、iPad、iPod touch では、「ファイル」タブで選択した App を使い、コンピュータから共有したファイルを開きます。

ファイルの種類によっては、一部の App でファイルを別の App や場所では開けない場合があります。デバイスがコンピュータに接続されていれば、Finder の「ファイル」タブでファイルのリストを確認できます。

共有ファイルをバックアップする

iCloud またはコンピュータでデバイスをバックアップする際、共有ファイルもバックアップされます。

ファイルを共有している App を iOS デバイスや iPadOS デバイスから削除した場合、共有ファイルもデバイスと iCloud バックアップ/コンピュータバックアップから削除されます。共有ファイルがなくならないように、デバイスから App を削除する前に、それらのファイルをコンピュータにコピーしておいてください。

共有ファイルをデバイスから削除する

  1. Mac で Finder ウインドウを開きます。
  2. デバイスを USB ケーブルでコンピュータに接続します。
  3. Finder でデバイスを選択します。コンピュータでデバイスが認識されない場合は、こちらの記事を参照してください。
  4. 「ファイル」セクションでリストから App を選択します。
  5. 削除するファイルを「書類」リストで選択して、キーボードの「delete」キーを押します。
  6. 削除してもよいか確認するメッセージが表示されたら、「削除」をクリックします。

ほかの方法でも App からファイルを削除できる場合があります。詳しくは、App のユーザガイドを参照してください。

公開日: