Handoff を使ってほかのデバイスで作業を続ける

Handoff を使えば、作業に着手したデバイスから、近くにある別のデバイスに切り替えても、中断したところからスムーズに作業を続けられます。

 

Handoff を設定する

Handoff は、連係機能のシステム条件を満たした Mac、iPhone、iPad、Apple Watch で使えます。Handoff が機能するのは、デバイス同士が近くにあり、それぞれ以下のように設定されている場合です。

  • 各デバイスで同じ Apple ID を使って iCloud にサインインしている。
    Apple Watch で使われている Apple ID を調べるには、iPhone で Apple Watch App を開いて、「一般」>「Apple ID」の順に選択してください。
  • 各デバイスで Bluetooth と Wi-Fi がオンになっている。
  • 各デバイスで Handoff がオンになっている。
  • macOS Ventura 以降を搭載した Mac:Apple メニュー  >「システム設定」の順に選択し、サイドバーで「一般」をクリックして、右側で「AirDrop と Handoff」をクリックします。「この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可」をオンにします。
  • 以前のバージョンの macOS を搭載した Mac:Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択し、「一般」をクリックしてから「この Mac と iCloud デバイス間での Handoff を許可」を選択します。
  • iPhone または iPad:「設定」>「一般」>「AirPlay と Handoff」の順に選択し、「Handoff」をオンにします。
  • Apple Watch:iPhone で Apple Watch App を開いて「一般」をタップし、「Handoff を有効にする」をオンにします。Apple Watch は、Apple Watch から iPhone または Mac への連係に対応しています。


Handoff を使う

  1. Handoff に対応した App を開きます。
    Handoff に対応した App には、Safari、メール、マップ、リマインダー、カレンダー、連絡先、Pages、Numbers、Keynote、FaceTime*、数々の他社製 App があります。
  2. その App を使って、メールや書類を書くなど、作業に着手します。
  3. Mac に切り替えるには、Dock にその App の Handoff アイコンが表示されるので、クリックします。
  4. iPhone または iPad に切り替えるには、App 間を切り替える場合と同様に App スイッチャーを開いて、画面の下部に表示される App のバナーをタップします。

* FaceTime で Handoff を使うには、macOS Ventura 以降、iOS 16 以降、iPadOS 16 以降が必要です。

公開日: