iCloud: メールの添付ファイルをダウンロードする、または開く(iCloud)

メールの添付ファイルをダウンロードする、または開く(iCloud)

メールメッセージにファイルが添付されている場合は、メッセージ一覧の日付の右側にペーパークリップのアイコンが表示されます。

iCloud.comのメールを使用して、添付ファイルを含むファイルを受信した場合、ファイルをコンピュータにダウンロードしてからファイルを開くことができます。添付ファイルがPages、Numbers、Keynote書類の場合、ダウンロードするか、Pages、Numbers、Keynote for iCloudで開くことができます。添付ファイルがvCardファイル(ファイル名の末尾が .vcf)である場合は、中に含まれる連絡先情報を連絡先に保存できます。

送信者がiCloud.comのメールを使用し、Mail Dropをオンにしている場合は、サイズの大きな添付ファイルの送信にMail Dropを使用できます。添付ファイルを受け取る側がMail Dropをオンにしている必要はありません。Mail Drop内の添付ファイルは、送信されてから30日間ダウンロードできます。

自分の添付ファイルをMail Dropを使用して送信したい場合は、「iCloudメールに添付ファイルを追加する」の「サイズが大きな添付ファイルのためにMail Dropをオンにする」を参照してください。

添付ファイルをダウンロードする

  1. 添付ファイルを含むメッセージを開きます。

    メッセージ本文の上に添付ファイルが表示されていない場合は、画面の右端の「詳細」をクリックします。

  2. コンピュータにダウンロードするファイルをクリックします。

  3. 添付ファイルを見つけて開きます。

    Webブラウザの設定で指定した場所にファイルがダウンロードされます。MacのSafariでは、デフォルトの場所は「ダウンロード」フォルダです。

Pages、Numbers、またはKeynote添付ファイルを開く

  1. Pages、Numbers、Keynoteの書類が添付されているメッセージを開きます。

  2. メッセージの内容の下部で、添付ファイルアイコンの右の [App] で「開く」をクリックします。

    書類はPages、Numbers、Keynote for iCloudの文書エディタウインドウで開かれます。

添付された書類を、MacのPages、NumbersまたはKeynote Appで開きたい場合は、添付ファイルをダウンロードしてからファイルを開きます。

連絡先にメール添付のvCardを追加する

  1. vCardファイル(ファイル名の末尾が .vcf)が添付されたメッセージを開きます。

    メッセージ本文の上に添付ファイルが表示されていない場合は、画面の右端の「詳細」をクリックします。

  2. 追加する連絡先情報を含むvCard(.vcf)ファイルをクリックし、「連絡先へ追加」をクリックします。

添付ファイルを開くことができない場合は、お使いのコンピュータにインストールされていないAppを使用して作成されたファイルの可能性があります。その場合は、ご使用のアプリケーションと互換性のある形式のファイルを送信しなおすように差出人に依頼してください。

Published Date: 2019/04/10
Helpful?
18% of people found this helpful.