WindowsのためのiTunes: iPod、iPhone、または iPad を同期する

iPod、iPhone、または iPad を同期する

コンピューター上の項目を iPod、iPhone、または iPad に追加するには、iTunes を使って同期します。iTunes では、項目を自動的に同期したり(最も速い方法)、項目を手動でデバイスにドラッグしたりできます(より自由に制御)。また、この両方の方法を使用することもできます。デバイスから項目を自動的にまたは手動で削除することもできます。

同期について詳しくは、同期の概要を参照してください。

自動的に同期する項目を選択する

  1. デバイスをコンピューターに接続し、iTunes ウィンドウの左上にあるデバイスボタンをクリックします。

    iTunes ウィンドウの上部にあるデバイスボタンが選択されています。
  2. 左側のサイドバーで同期したいコンテンツのタイプを選択します([ミュージック] や [Podcast] など)。

    左側のサイドバーで [概要] が選択されています。表示されるコンテンツの種類は、デバイスおよび iTunes ライブラリのコンテンツによって異なる場合があります。
  3. [同期] チェックボックスを選択してから、デバイスを接続するたびに自動同期したい項目を選択します。

    左上にある [ミュージックを同期] は、ライブラリ全体を同期する、または選択した項目のみを同期するオプションで選択されます。
  4. デバイスに含めたい各コンテンツのタイプで、手順 2 と 3 を繰り返します。

    ウィンドウ下部のバーには、同期後にデバイスに残る空き容量が表示されます。

    ウィンドウ下部のバーの上にポインタを移動して同期するコンテンツの詳細を表示し、コンテンツの同期にあとどれくらいの容量を使用できるかを確認します。
  5. 既定値では、デバイスをコンピューターに接続するたびにデバイスが同期されます。同期する前に確認メッセージを表示させたい場合は、以下のいずれかを実行します:

    • このデバイスの同期の前にプロンプトを表示する:[概要] をクリックしてから、[この<デバイス>の接続時に iTunes を開く] の選択を解除します。

    • すべてのデバイスの同期の前にプロンプトを表示する:[編集] メニュー> [環境設定] と選択し、[デバイス] をクリックして、[iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しない] を選択します。

  6. 同期の準備ができたら、[適用] をクリックします。

ヒント:接続されているデバイスを任意のタイミングで自動的に同期したいときは、[ファイル] メニュー> [デバイス] > [<デバイス名>を同期] と選択します。

警告:自動的に同期した項目を iTunes ライブラリから削除すると、その項目は次回同期したときにデバイスからも削除されます。

項目を手動でデバイスに追加する

音楽、ムービー、テレビ番組、および Podcast を手動でデバイスに追加できます。写真や連絡先などの情報は手動では追加できません。

  1. デバイスが接続されていることを確認します。

  2. iTunes ライブラリで項目を右クリックし、[デバイスに追加] を選択してから、デバイスを選択します。

項目が自動的に同期されないようにする

同期したくない項目がある場合(たとえば、項目が大きすぎてデバイスに入らない場合)は、それらの項目が同期されないように設定できます。

音楽、ムービー、およびテレビ番組の自動同期をオフにすることもできます。iPod classic、iPod nano、または iPod shuffle を複数の iTunes ライブラリと同期したい場合、または [オートフィル] を使って自動的にデバイスに曲を追加したい場合は(以下で説明する次の操作を参照してください)、必ずこれを実行する必要があります。

  1. デバイスをコンピューターに接続します。

  2. デバイスボタンをクリックしてから、[概要] をクリックします。

    [デバイス] ウィンドウ。左側のサイドバーで [概要] が選択されています。
  3. 必要に応じて次の操作を行います:

    • 同期しない項目を個別に設定する:[チェックマークのある<項目>だけを同期] を選択します。それから、iTunes ライブラリ内の同期したくない項目の横にあるチェックボックスの選択を解除します。

    • 音楽、ムービー、およびテレビ番組の自動同期をオフにする:[音楽とビデオを手動で管理] を選択します。

  4. [適用] をクリックします。

[オートフィル] を使って、ランダムに選択した曲をデバイスにインポートする

デバイスで同じ音楽ばかりを聴きたくない場合は、[オートフィル] を使って、ランダムに選択した曲をデバイスにインポートするように iTunes を設定できます。

[オートフィル] を使用するには、音楽およびビデオの自動同期をオフにする必要があります(上の手順を参照してください)。

  1. デバイスをコンピューターに接続し、iTunes ウィンドウの左上にあるデバイスボタンをクリックします。

    iTunes ウィンドウの上部にあるデバイスボタンが選択されています。
  2. 左側のサイドバーで [自分のデバイス上] の下にある [ミュージック] を選択します。

    [ミュージック] が選択された状態のサイドバーの [自分のデバイス上] セクション。
  3. [ミュージック] パネルの下部にある [オートフィル] ポップアップメニューをクリックし、同期したい曲を選択します。

    [ミュージック] パネルの下部にある [オートフィル] オプション。左端に [オートフィル] ポップアップメニューがあり、曲を特定のプレイリストから追加するか、ライブラリ全体から追加するかを選択できます。右端には [設定] と [オートフィル] の 2 つのボタンがあります。[設定] ではオートフィルのさまざまなオプションを変更できます。[オートフィル] をクリックすると、条件に一致する曲がデバイスの残りの領域に追加されます。
  4. オートフィルの設定を調整するには、[設定] をクリックします。

    [オートフィル設定] ダイアログ。上から下まで 4 つのオプションが表示されています。デバイスに音楽があり、[オートフィル] を使って残りの領域に曲を追加したい場合は、[オートフィル時にすべての項目を置き換える] オプションの選択を解除します。ライブラリまたは選択したプレイリストに表示されている順番で曲を追加するには、[項目をランダムに選択する] オプションの選択を解除します。次のオプション、[評価の高い項目の再生頻度を増やす] は、[項目をランダムに選択する] を選択した場合にのみ利用可能です。ハードディスクとして使用する領域を確保したい場合は、スライダを調整してディスク容量を設定してください。

    詳しくは、オートフィルの設定を参照してください。

  5. 設定が完了したら、[OK] をクリックします。

  6. [オートフィル] をクリックしてから、[同期] をクリックします。

[オートフィル] を使うたびに、さまざまな曲がデバイスに追加されます。

デバイスから項目を削除する

デバイスが接続されていることを確認してから、次の操作を行います:

  • 自動的に同期した項目を削除する:次のいずれかの操作を実行してから、デバイスを同期します:

    • iTunes ライブラリで項目のチェックボックスの選択を解除してから、[概要] パネルで [チェックマークのある<項目>だけを同期] を選択します。

    • 項目が同期したプレイリストに含まれている場合は、プレイリストから項目を削除します。

    • 同期設定を変更して、項目が同期されないようにします。

  • 手動でまたは [オートフィル] を使って追加した項目を削除する:[自分のデバイス上] をクリックし、1 つまたは複数の項目をクリックし、[Delete] キーを押して、[削除] をクリックします。

同期できるコンテンツの種類はデバイスによって異なります。詳しくは、デバイスのマニュアルを参照してください。

複数のデバイスを iTunes ライブラリと同期し、デバイスごとに異なる設定を使用することができます。

重要:iPod classic、iPod nano、または iPod shuffle は、コンピューターから接続を解除する前に取り出しボタン をクリックしてください。

公開日: 2018/02/01
役に立ちましたか?
46% の人が役に立ったと言っています。