Final Cut Pro X: イベントクリップをマークする色付きの線

イベントクリップをマークする色付きの線

ブラウザクリップ範囲が、「よく使う項目」または「不採用」としてマークされていたり、キーワードが適用されていたり、現在のプロジェクトで使用されたりしている場合には、一目で分かるようにそれらに色付きの線が表示されます。

色付きの線のオン/オフを切り替えるには、「表示」>「ブラウザ」>「マークした範囲」と選択します。

説明

詳細情報

緑色の線付きのイベントクリップ

クリップを「よく使う項目」としてマークしたことを示します。

クリップに「よく使う項目」または「不採用」のレートを設定するを参照してください。

赤色の線付きのイベントクリップ

クリップを「不採用」としてマークしたことを示します。

クリップに「よく使う項目」または「不採用」のレートを設定するを参照してください。

青色の線付きのイベントクリップ

クリップが手動で適用されたキーワード、またはメディアファイルと一緒に読み込まれたキーワードを持っていることを示します。

クリップにキーワードを追加するを参照してください。

紫色の線付きのイベントクリップ

クリップが 1 つ以上の解析キーワードを持っていることを示します。

クリップの解析キーワードを表示するを参照してください。

オレンジ色の下線付きのイベントクリップ

オレンジ色の下線は、クリップがタイムラインで現在開かれているプロジェクトで使われていることを示します。

詳しくは、クリップ追加の概要を参照してください。

この表示のオン/オフを切り替えるには、「表示」>「ブラウザ」>「使用中のメディアの範囲を表示」と選択します。

ヒント:色付きの線でマークされたクリップ範囲を選択するには、色付きの線をクリックします。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?