iCloud: iCloudメールのストレージ使用容量を削減する

iCloudメールのストレージ使用容量を削減する

iCloudメールアカウントのメッセージを削除して(完全に消去またはコンピュータに移動)、iCloudストレージの空き容量を増やすことができます。単純なテキストメールメッセージを削除するよりも、大きな添付ファイル付きメッセージを削除した方が、空き容量をより多く増やすことができます。

iCloudメールを使用してメッセージを消去する

iCloudメールのメッセージを完全に消去することで、iCloudストレージの空き容量を増やすことができます。

  1. メッセージを選択してツールバーの「削除」ボタンをクリックし、DeleteキーまたはBackspaceキーを押すか、サイドバーの「ゴミ箱」にドラッグします。

    ツールバーの「削除」ボタン

    ツールバーに「削除」ボタンが表示されていない場合は、サイドバーの「操作」ポップアップメニュー をクリックし、「環境設定」を選択します。「一般」パネルで「ツールバーにアーカイブアイコンを表示」をオフにします。

  2. ゴミ箱のすべてのメッセージを完全に消去し、iCloudストレージの空き容量を増やすには、サイドバーの「操作」ポップアップメニュー をクリックし、「ゴミ箱を空にする」を選択します。

iOSデバイスを使用してメッセージを消去する

iCloudメールに設定されたiOSデバイス上で、メールAppのiCloudメールメッセージを完全に消去することで、iCloudストレージの空き容量を増やすことができます。

  1. 以下のいずれかの操作を行って、メッセージをゴミ箱に移動して削除します:

    • 開いているメッセージを削除する: をタップします。

    • メッセージを開かずに削除する:メッセージリストで、メッセージのタイトルを右から左にスワイプし、「ゴミ箱」をタップします。

    • 複数のメッセージを削除する:メッセージリストの表示中に「編集」をタップします。

  2. ゴミ箱のすべてのメッセージを完全に消去し、iCloudストレージの空き容量を増やすには、iCloudメールボックスのリストの「ゴミ箱」>「編集」とタップし、「すべて削除」をタップします。

メッセージをMacに移動する

iCloudメールに設定されたMacでは、iCloudメールアカウントのメッセージをMacに移動することで、iCloudストレージの空き容量を増やすことができます。

  1. メールで、「メールボックス」>「新規メールボックス」を選択し、「場所」ポップアップメニューをクリックして「このMac内」を選択し、メールボックスの名前を入力します。

    サイドバーの「このMac内」セクションにすでにiCloudメールメッセージの移動先メールボックスがある場合、新しいメールボックスを作成する必要はありません。

  2. 受信ボックスまたは他のメールボックスのメッセージを選択し、新しいメールボックスにドラッグします。

    「メッセージ」>「移動」 を選択し、新しいメールボックスを選択して、メッセージを選択することもできます。

Macを使用してメッセージを消去する

iCloudメールが設定されているMacで、iCloudメールメッセージを完全に消去することでiCloudストレージの空き容量を増やすことができます。

  1. メールで消去するメッセージを選択し、メールツールバーの「削除」アイコンをクリックするか、DeleteキーまたはBackspaceキーを押すか、メールのサイドバーにある「ゴミ箱」にドラッグします。

    メールで選択されたメッセージはゴミ箱メールボックスに移動され、完全に消去されるまで保持されます。

  2. 削除したiCloudメールメッセージを完全に消去するには、「メールボックス」>「削除済み項目を消去」を選択し、iCloudメールアカウントを選択します。

Windowsコンピュータを使用してメッセージを消去する

Windowsコンピュータで, Microsoft OutlookとiCloudメールが設定されているWindows用iCloudがある場合、iCloudメールメッセージを完全に消去することでiCloudストレージの空き容量を増やすことができます。

  1. 削除したいメッセージを選択し、削除します。

    詳しい手順については、お使いのコンピュータ上でOutlookヘルプを検索してください。

  2. 削除したメッセージをiCloudから完全に消去するには、次のいずれかを実行します:

    • Outlook 2010、2013または2016:「削除済み」フォルダを右クリックし、「フォルダを空にする」を選択します。

    • Outlook 2007:「編集」>「消去」を選択し、iCloudにサインインするためにお使いのApple IDを選択します。

Published Date: 2019/04/10
Helpful?