Final Cut Pro X: アーカイブまたはディスクイメージ内のメディアにアクセスする

アーカイブまたはディスクイメージ内のメディアにアクセスする

カメラアーカイブを作成済みの場合は、2 通りの方法でアーカイブのメディアを使用できます:

  • カメラアーカイブに接続することで、メディアを「Final Cut Pro」に読み込むことができます。

  • アーカイブからメディアを読み込んだり、「Final Cut Pro 7」以前の「切り出しと転送」ウインドウで以前にアーカイブしたディスクイメージからメディアを読み込んだりすることもできます。この場合は、ストレージデバイス上にメディアのコピーが作成されます。

ファイルベースのデバイスの中には、Finder を使って、記録したメディア(および元のディレクトリ構造)を Mac 上のフォルダにコピーできるものもあります。この方法でコピーされたメディアを読み込むには(または「Final Cut Pro 7」以前の「切り出しと転送」ウインドウで以前にアーカイブしたディスクイメージからメディアを読み込むには)、下記のディスクイメージからメディアを読み込むの手順に従ってください。

カメラアーカイブからメディアを読み込む

  1. 以下のいずれかの操作を行って、「メディアの読み込み」ウインドウを開きます:

    • 「ファイル」>「読み込む」>「メディア」と選択します(または Command + I キーを押します)。

    • ツールバーの左側にある「メディアを読み込む」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「メディアを読み込む」ボタン
  2. 「メディアの読み込み」ウインドウの左側にある「デバイス」セクションで、メディアの読み込み元にしたいストレージデバイス(内蔵または外部)かメモリカードを選択します。次に、ウインドウの下部にあるリストで、カメラアーカイブに移動します。

    アーカイブが「Final Cut Pro」に接続され、そこに含まれるメディアが「メディアの読み込み」ウインドウに表示されます。

  3. カメラアーカイブのアイコンの左側にある開閉用三角ボタンをクリックし、アーカイブ内のクリップを一覧表示するか、カメラアーカイブをダブルクリックして開きます。

  4. メディアを読み込むには、ファイルベースのカメラおよびデバイスから読み込むを参照してください。

ディスクイメージからメディアを読み込む

  1. Finder で、ディスクイメージ(.dmg)ファイルをダブルクリックして開きます。

  2. 以下のいずれかの操作を行って、「メディアの読み込み」ウインドウを開きます:

    • 「ファイル」>「読み込む」>「メディア」と選択します(または Command + I キーを押します)。

    • ツールバーの左側にある「メディアを読み込む」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「メディアを読み込む」ボタン
  3. 「メディアの読み込み」ウインドウの左側にある「カメラ」セクションでディスクイメージを選択します。

    注記:ディスクイメージのファイル構造がビデオカメラで一般的なものでない場合は、代わりに「デバイス」セクションに表示されます。

    開いたディスクイメージが「Final Cut Pro」に接続され、そこに含まれるメディアが「メディアの読み込み」ウインドウに表示されます。

  4. メディアを読み込むには、ファイルベースのカメラおよびデバイスから読み込むを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?