Final Cut Pro X: 写真アプリケーションから読み込む

写真アプリケーションから読み込む

写真アプリケーションから「Final Cut Pro」に写真やビデオクリップを読み込むと、「読み込み」環境設定で定義した読み込み設定を使用してメディアが読み込まれます。詳しくは、Mac またはストレージデバイスから読み込むを参照してください。

  1. 「写真とオーディオ」サイドバーが表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「移動」>「写真とオーディオ」と選択します(または Shift + Command + 1 キーを押します)。

    • Final Cut Pro ウインドウの左上隅にある「写真とオーディオ」ボタンをクリックします。

      「写真とオーディオ」ボタン
  2. 「写真とオーディオ」サイドバーで、読み込み元の写真アプリケーションをクリックします。

    写真アプリケーションのリストには、Mac にインストールされているアプリケーションに応じて「写真」、「iPhoto」、「Aperture」などが表示されます。

    フォトライブラリの写真が表示されているブラウザ
  3. ブラウザの上部にあるポップアップメニューでカテゴリを選択し、写真を絞り込みます。

  4. 1 つまたは複数の写真またはビデオクリップをプロジェクトで使用するには、それらの項目をブラウザタイムラインにドラッグします。

    複数のクリップを選択するには、Command キーを押したまま各項目をクリックするか、選択範囲をドラッグして囲みます。

    ブラウザを使わずに、写真アプリケーションから「ライブラリ」サイドバー内のイベントまたはタイムライン内のプロジェクトに写真やビデオクリップを直接ドラッグすることもできます。

ヒント:別のフォトライブラリ内の写真やビデオクリップをサイドバーに表示したい場合は、「写真」アプリケーションでそのフォトライブラリを開きます。その後、「写真」の環境設定の「一般」パネルで「システムフォトライブラリとして使用」をクリックします。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?