Final Cut Pro X: レンダリングファイルを管理する

レンダリングファイルを管理する

レンダリングとは、プロジェクト内でリアルタイムに再生できない部分のために、一時的なビデオ/オーディオ・レンダリング・ファイルを作成する処理のことです。エフェクト、トランジション、ジェネレータ、タイトルなどの項目を追加するときは、事前にレンダリングしないとそれらを高品質で再生することはできません。

タイムラインでは、レンダリングが必要なクリップの上に明るいグレイの点線が表示されます。

タイムライン内のクリップの上に表示されたレンダリングインジケータの明るいグレイの点線

デフォルトでは、「Final Cut Pro」での作業とポインタの移動をやめてから 5 秒後に、バックグラウンドレンダリングが開始されます。ほかのアプリケーションで作業している間も継続されます。「Final Cut Pro」の環境設定の「再生」パネルで、バックグラウンドレンダリングをオフにしたりこの設定を調整したりできます。レンダリングは、プロジェクトまたはその一部で手動で開始することもできます。

レンダリングファイルは「Final Cut Pro」のライブラリ内またはユーザが指定した外部の場所に保存されます。詳しくは、保存場所を管理するを参照してください。

レンダリングファイルは時間がたつにつれて増えていき、記憶領域を占有することがあります。記憶領域を解放したい場合は、選択したイベント内の未使用のレンダリングファイルを削除するか、選択したプロジェクトまたはイベントのすべてのレンダリングファイルを削除することができます。特定のライブラリのすべてのレンダリングファイルを削除することもできます。元のメディアファイルは削除されないため、元のメディアからレンダリングファイルをいつでも再生成できます。

プロジェクトのすべてまたは一部をレンダリングする

  • プロジェクトの一部をレンダリングする:タイムラインで、レンダリングしたいクリップを選択し、「変更」>「選択部分をレンダリング」と選択します(または Control + R キーを押します)。

    注記:選択部分は、範囲選択ではなく、クリップ選択である必要があります。詳しくは、1 つ以上のクリップを選択するおよび範囲を選択するを参照してください。

  • プロジェクト内でレンダリングを必要とするすべての部分をレンダリングする:「変更」>「すべてレンダリング」と選択します(または Control + Shift + R キーを押します)。

プロジェクト内の定義した部分がレンダリングされ、対応するレンダリングインジケータの点線が消えます。レンダリングの進行状況は、「バックグラウンドタスク」ウインドウで確認できます。

プロジェクトのレンダリングファイルを削除する

  1. ブラウザで、1 つまたは複数のプロジェクトを選択します。

  2. 「ファイル」>「生成されたプロジェクトファイルを削除」と選択します。

  3. 表示されるウインドウで、「レンダリングファイルを削除」を選択してから、「OK」をクリックします。

イベントのレンダリングファイルを削除する

  1. 「ライブラリ」サイドバーで、同じライブラリ内の 1 つまたは複数のイベントを選択します。

  2. 「ファイル」>「生成されたイベントファイルを削除」と選択します。

  3. 表示されるウインドウで、「レンダリングファイルを削除」を選択します。

  4. 未使用のレンダリングファイルのみを削除するか、またはすべてのレンダリングファイルを削除するかを選択してから、「OK」をクリックします。

注記:イベント内のすべてのレンダリングファイルを削除することを選択した場合、そのイベント内のプロジェクト・レンダリング・ファイルも削除されます。

ライブラリからレンダリングファイルを削除する

  1. 「ライブラリ」サイドバーでライブラリを選択します。

  2. 「ファイル」>「生成されたライブラリファイルを削除」と選択します。

  3. 表示されるウインドウで、「レンダリングファイルを削除」を選択します。

  4. 未使用のレンダリングファイルのみを削除するか、またはすべてのレンダリングファイルを削除するかを選択してから、「OK」をクリックします。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?