Final Cut Pro X: マルチカム編集用にメディアを読み込む

マルチカム編集用にメディアを読み込む

マルチカムプロジェクトに使うメディアを読み込むときに、ビデオカメラやファイルベースの記録装置に名前を割り当てることができます。「Final Cut Pro」では、マルチカムクリップの自動作成時に、この「カメラ名」タグに基づいてマルチカムクリップのソースクリップが分類されます(ブラウザでマルチカムクリップを作成するを参照してください)。

「カメラ名」情報は読み込み後でも追加できます。詳しくは、カメラ名とマルチカムアングルを割り当てるを参照してください。

マルチカムクリップに含めるアングル数がかなり多い場合は、「再生」環境設定で「プロキシメディアを使用」を選択すると、マルチカム編集時のパフォーマンスを維持できます。このオプションを選択しておくと、読み込み時に、クリップに必要なプロキシを生成できます。

マルチカムクリップに含めるアングル数が少ない場合は、読み込み時に Apple ProRes 422 コーデックを選択することによって、最適なメディアを作成できます。また、「再生」環境設定で「マルチカムクリップ用に最適化されたメディアを作成」を選択しておけば、マルチカムクリップの作成時に常に最適なメディアが自動生成されます。

カメラに名前を割り当てる

  1. カメラまたは記録装置を Mac に接続します。

  2. 「Final Cut Pro」で、「ファイル」>「読み込む」>「メディア」と選択します(または Command + I キーを押します)。

  3. 「メディアの読み込み」ウインドウの左側にあるデバイスリストで、目的のビデオカメラまたは記録装置が選択されていない場合は選択します。

  4. デバイスをもう一度クリックして、名前を入力します。

    ここで入力した名前は、そのデバイスから「Final Cut Pro」に読み込むすべてのクリップで「カメラ名」メタデータ情報として使用されます。

注記:最近のほとんどのビデオカメラおよび記録装置(iOS デバイスを含む)では、「カメラ ID」タグが記録されます。「Final Cut Pro」では、ファイルベースのデバイスからメディアを読み込むときに「カメラ ID」メタデータが自動的に読み込まれるので、この情報に基づいてマルチカムアングルを自動作成することもできます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?