Final Cut Pro X: XML を使ってプロジェクト、イベント、およびライブラリを転送する

XML を使ってプロジェクト、イベント、およびライブラリを転送する

「Final Cut Pro」では、XML(Extensible Markup Language)ファイルの読み込みと書き出しができます。XML ドキュメント(タグ付きの要素を含む標準 ASCII テキストファイル)を使って、「Final Cut Pro」と「Final Cut Pro」の書類やファイルが認識されない他社製のアプリケーション、デバイス、メディア資産管理ツールとの間で、ライブラリイベントプロジェクト、およびクリップの詳細を転送できます。

XML の読み込みおよび書き出しオプションについては、Final Cut Pro XML の開発者向けマニュアルで詳しく説明しています。詳しくは、Apple Developer Web サイトの Apple アプリケーションのページを参照してください。

「Final Cut Pro」に XML を読み込む

ほかのアプリケーションで XML ファイルを生成してから、それらを「Final Cut Pro」に読み込むことができます。XML ファイルを読み込むと、XML ファイルの内容に応じてクリップ、イベント、プロジェクト、およびライブラリが生成されます。

  1. 「Final Cut Pro」で、「ファイル」>「読み込む」>「XML」と選択します。

  2. 読み込みたい XML ファイルに移動して、「読み込む」をクリックします。

    XML が処理されて、XML ファイルの内容に応じて対応するクリップ、イベント、プロジェクト、およびライブラリが生成されます。

ヒント:XML ファイルを Finder でダブルクリックするか、「Final Cut Pro」アプリケーションのアイコンにドラッグすることで、XML ファイルを読み込むこともできます。

「Final Cut Pro」から XML を書き出す

イベント、プロジェクト、およびライブラリを XML ファイルとして書き出すことができます。

  1. ライブラリを選択するか、XML ファイルとして書き出したい 1 つ以上のイベント、プロジェクト、またはクリップを選択します。

    タイムラインで現在開いているプロジェクトを書き出すには、タイムラインの中をクリックしてアクティブにします。

  2. 「ファイル」>「XML を書き出す」と選択します。

  3. 表示されるウインドウで、「名前」フィールドに XML ファイルの名前を入力します。

  4. Mac またはストレージデバイス上で XML ファイルを保存したいフォルダに移動します。

  5. 「メタデータ表示」ポップアップメニューをクリックし、メタデータ表示を選択します。

    メタデータ表示を選択することで、XML ファイルに含める情報とその表示形式を決めることができます。詳しくは、クリップのメタデータを表示する/変更するおよびメタデータ表示を変更するを参照してください。

  6. 書き出す XML のバージョン(「現在のバージョン」または「前のバージョン」)を選択します。

    注記:ほとんどの場合は、現在のバージョンを選択します。以前のバージョンしか認識しない XML 処理コードや他社製アプリケーションを使っている場合は、前のバージョンの Final Cut Pro XML インターチェンジフォーマットを選択することもできます。

  7. 「保存」をクリックします。

注記:Final Cut Pro 10.3 以降および互換性のある他社製アプリケーションでは、ライブラリ、イベント、プロジェクト、およびクリップをアプリケーション間でドラッグするだけで増分アップデートできます。たとえば、「Final Cut Pro」からメディア資産管理(MAM)アプリケーションに一連のイベントをドラッグできます。逆に MAM アプリケーションから「Final Cut Pro」にライブラリをドラッグして、すばやくアップデートすることもできます。互換性のある他社製アプリケーションについて詳しくは、「Final Cut Pro X - 関連情報」の Web ページを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?