Final Cut Pro X: 図形を追加する

図形を追加する

「シェイプ」ジェネレータを使って、星、ひし形、矢印、ハートなどのシェイプを基本ストーリーラインの上に追加できます。その後、シェイプをアニメートできます。

  1. 「タイトルとジェネレータ」サイドバーが表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「移動」>「タイトルとジェネレータ」と選択します(または Option + Command + 1 キーを押します)。

    • Final Cut Pro ウインドウの左上隅にある「タイトルとジェネレータ」ボタンをクリックします。

      「タイトルとジェネレータ」ボタン
  2. 「タイトルとジェネレータ」サイドバーで「要素」カテゴリを選択し、「シェイプ」ジェネレータを見つけて接続されたクリップとしてタイムラインに追加し、基本ストーリーラインおよびその他のクリップまたはシェイプを表示したいストーリーラインの上に置きます。

    デフォルトのシェイプは白い丸です。

  3. タイムラインに追加した「シェイプ」ジェネレータを選択します。

  4. 「ジェネレータ」インスペクタが表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。

    • ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「インスペクタ」ボタン
  5. インスペクタの上部にある「ジェネレータ」ボタンをクリックします。

    「ジェネレータ」ボタン
  6. 「ジェネレータ」インスペクタで「シェイプ」ポップアップメニューをクリックし、使用するシェイプを選択してから、シェイプの塗りつぶしのカラー、アウトラインのカラーと幅、ドロップシャドウを設定します。

    ジェネレータをデフォルト設定に戻すときは、「リセット」ボタン をクリックします。

  7. シェイプのサイズ、位置、および回転を変更するには、「変換」または「歪み」内蔵エフェクトを使用します。

    左のビューアにビデオイメージにスーパーインポーズされた矢印が表示され、右の「ジェネレータ」インスペクタに「シェイプ」ジェネレータクリップの設定が表示されている

    これらのエフェクトを使ってシェイプをアニメートすることもできます。たとえば、部屋を横切る人に矢印がついていくような演出ができます。

  8. シェイプの一部を透明にするには、タイムラインでシェイプを選択し、「ビデオ」インスペクタで「不透明度」の設定を調整します。

    「ビデオ」インスペクタを開くには、インスペクタの上部にある「ビデオ」ボタンをクリックします。

    「ビデオ」ボタン
公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?