Final Cut Pro X: クリップ間でエフェクトとパラメータをコピーする

クリップ間でエフェクトとパラメータをコピーする

「Final Cut Pro」には、クリップ間でエフェクトをコピーする方法が 2 つあります:

  • パラメータをペースト:このコマンドを使用すると、選択したクリップのパラメータをほかのクリップにコピーして、個々のエフェクト、設定、およびキーフレームをより詳細に制御できます。たとえば、ビデオのクロップ設定、オーディオのパン設定、またはキーフレーム調整などをコピーできます。

  • エフェクトをペースト:このコマンドを使用すると、クリップのすべてのエフェクトをほかのクリップにコピーできます。これはエフェクトとパラメータを最も速くコピーできる方法です。

パラメータ間で個々のキーフレームをコピー&ペーストすることもできます。詳しくは、キーフレームをコピー&ペーストするを参照してください。

選択したクリップのパラメータをほかのクリップにコピーする

  1. タイムラインでクリップを選択し、「編集」>「コピー」と選択します(または Command + C キーを押します)。

  2. パラメータのコピー先クリップを 1 つ以上選択して、「編集」>「パラメータをペースト」と選択します(または Shift + Command + V キーを押します)。

  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • コピー元クリップのすべてのビデオパラメータまたはすべてのオーディオパラメータを適用する:「ビデオパラメータ」または「オーディオパラメータ」チェックボックスを選択します。

    • パラメータを個別に適用する:適用したいパラメータのチェックボックスを選択します。

    「パラメータをペースト」ウインドウ
  4. ソースクリップでキーフレーム調整を行った場合は、「キーフレームのタイミング」セクションで以下のいずれかを選択します:

    • 保持:キーフレームの継続時間は変更されません。

    • 伸ばして合わせる:コピー先クリップの継続時間に合わせてキーフレームの時間が調整されます。

  5. 「ペースト」をクリックします。

クリップのすべてのエフェクトをほかのクリップにコピーする

  1. タイムラインでエフェクトのコピー元クリップを選択して、「編集」>「コピー」と選択します(または Command + C キーを押します)。

  2. エフェクトのコピー先クリップを 1 つ以上選択して、「編集」>「エフェクトをペースト」と選択します(または Option + Command + V キーを押します)。

コピー元クリップのすべてのエフェクトと設定がコピー先クリップに適用されます。個々のパラメータをより詳細に制御するには、上の「選択したクリップのパラメータをほかのクリップにコピーする」の手順を実行してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?