Final Cut Pro X: クリップをクロップする

クリップをクロップする

「クロップ」エフェクトを使って、イメージ内の不要な領域を簡単に削除できます。クロップされたイメージは画面に合わせて自動的に拡大されます。

  1. タイムラインでクリップを選択します。

  2. タイムラインでクリップの上に再生ヘッドを移動して、ビューアにクリップのビデオを表示します。

  3. 「クロップ」コントロールを表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • ビューアの左下隅にあるポップアップメニューをクリックして、「クロップ」を選択します(または Shift + C キーを押します)。

      「トリム」、「クロップ」、および「Ken Burns」コントロールを表示するための「クロップ」メニュー項目
    • Control キーを押したままビューア内をクリックし、「クロップ」を選択します。

  4. ビューアの下部の「クロップ」ボタンをクリックします。

  5. オンスクリーンコントロールを使ってエフェクトを調整する:

    • 各隅にある青いハンドル:各隅からのクロップを調整するときは、コーナーハンドルをドラッグします。イメージをクロップするときは常に元のアスペクト比が維持されます。

    • ウインドウ内の任意の場所:クロップウインドウの位置を調整するときは、ウインドウ内をドラッグします。

      「クロップ」オンスクリーンコントロールが表示されたビューア

    「ビデオ」インスペクタの「クロップ」セクションにある「左」、「右」、「上」、および「下」パラメータを使用して、イメージのそれぞれの端を個別に調整することもできます。

    注記:これらのコントロールを使うとクロップウインドウのアスペクト比を変更できますが、最終イメージは元のイメージのアスペクト比に合わせられます。その場合、最終イメージで元のアスペクト比に収まらない部分が切り取られます。

  6. クロップを適用し、クロップしたイメージを画面いっぱいに表示するには、「完了」をクリックします。

    「クロップ」エフェクトが適用されたビューア

このエフェクトをアニメートして、カメラがパン&ズームする効果(実質的に手動の Ken Burns エフェクト)を作ることができます。内蔵エフェクトの操作について詳しくは、内蔵エフェクトを操作するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?