Final Cut Pro X: クリップをサイズ変更する/移動する/回転させる

クリップをサイズ変更する/移動する/回転させる

「変形」内蔵エフェクトを使うと、イメージをサイズ変更、移動、回転できます。このエフェクトの一般的な使いかたとして、基本ストーリーラインクリップ上に置いたクリップのサイズを変更し、基本ストーリーラインクリップを背景として使うことができます。また、クリップをズームインして、ショットの構図を必要に応じて調整することもできます。

ビューア「ビデオ」インスペクタのコントロールを使って「変形」エフェクトを調整できます。一部のコントロールは、どちらか一方だけに表示されます。

  1. タイムラインでクリップを選択します。

  2. タイムラインでクリップの上に再生ヘッドを移動して、ビューアにクリップのビデオを表示します。

  3. 「変形」コントロールを表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • ビューアの左下隅にあるポップアップメニューをクリックして、「変形」を選択します(または Shift + T キーを押します)。

      「変形」コントロールを表示するための「変形」メニュー項目
    • Control キーを押したままビューア内をクリックし、「変形」を選択します。

    ビューアに「変形」オンスクリーンコントロールが表示されます。

  4. オンスクリーンコントロールを使ってエフェクトを調整する:

    • 各隅にある青いハンドル:現在のアスペクト比を維持したままイメージのサイズを調整するときは、これらのハンドルをドラッグします。

    • 各辺の中央にある青いハンドル:この場合は、イメージのアスペクト比が変わります。

      注記:これらのコントロールは「ビデオ」インスペクタにはありません。

    • 中心にある白い丸:回転のアンカーポイントを示します。イメージの位置を調整するときは、イメージ内をドラッグします。

    • 中心の丸から延びる青いハンドル:イメージを回転させるときは、このハンドルをドラッグします。

      ヒント:イメージの回転角度を細かく調整したいときは、回転ハンドルを中心のアンカーポイントとは反対の方向にドラッグします。

      「変形」オンスクリーンコントロールが表示されたビューア
  5. 「ビデオ」インスペクタの「変形」コントロールを使用します:

    • 位置 X と Y:イメージを左右(X)または上下(Y)に移動します。

    • 回転:アンカーポイントを中心にイメージを回転させます。

    • 調整:イメージのサイズを変更します。

    • アンカー X と Y:イメージの中心点(イメージを回転させるときの中心点)を移動します。

      注記:このコントロールはオンスクリーンコントロールにはありません。

  6. エフェクトの調整が終わったら、ビューアの右上隅にある「完了」をクリックします。

エフェクトをアニメートして、背景上で動かすこともできます。内蔵エフェクトの操作について詳しくは、内蔵エフェクトを操作するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?