Final Cut Pro X: オーディオエフェクトを追加する

オーディオエフェクトを追加する

オーディオの処理には、内蔵のオーディオ補正機能を使用したオーディオ補正に加えて、64 ビットの macOS 内蔵および他社製の AU(Audio Units)エフェクトを利用できます。

さらに「Final Cut Pro」には、幅広い種類のカスタム・オーディオ・エフェクトとプロレベルの Logic エフェクトも付属しています。これらは、デジタル信号処理(DSP)エフェクトおよびプロセッサで、録音済みのオーディオやオーディオソースの音をリアルタイムで色付けしたり整えたりできます。

よく使うオーディオ処理オプションには、ノイズリダクション、ピッチ補正、EQ、ダイナミックプロセッサ、リバーブなどがあります。より高度な機能には、ディレイ、モジュレーション、ディストーション、低音補正、タイム変更プロセッサおよびユーティリティなどがあります。「Final Cut Pro」に付属するカスタムエフェクトの中には、複数のエフェクトを組み合わせて、大聖堂といった特定の音響環境を再現するものもあります。

エフェクトは、個々のオーディオクリップおよびコンポーネント複合クリップのどちらにも追加できます。エフェクトを追加したら、「オーディオ」インスペクタで設定を調整できます。

クリップにオーディオエフェクトを追加する

  1. タイムラインの右上隅にある「エフェクト」ボタンをクリックします(または Command + 5 キーを押します)。

    タイムラインの上にある「エフェクト」ボタン
  2. 「エフェクト」ブラウザでオーディオエフェクトを選択します。

    選択にあたっては以下のことができます:

    • タイムラインで現在選択しているクリップのオーディオを使ってエフェクトをプレビューする:オーディオエフェクトのサムネール上でポインタを動かします。

    • 基本コントロールを変更したときのエフェクトをプレビューする:Option キーを押したまま、オーディオエフェクトのサムネール上でポインタを動かします。

    • 表示されるエフェクトの種類を絞り込む:「エフェクト」ブラウザの検索フィールドにテキストを入力します。

  3. 以下のいずれかを実行します:

    • タイムラインで、エフェクトをオーディオクリップ(またはオーディオが含まれるビデオクリップ)にドラッグします。

    • エフェクトのアイコンをダブルクリックして、選択されているクリップにエフェクトを適用します。

「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションと「オーディオアニメーション」エディタにエフェクトが表示されます。これでエフェクトを調整できます。

エフェクトの順序を変更する

クリップにオーディオエフェクトが適用されている場合は、「オーディオ」インスペクタまたは「オーディオアニメーション」エディタでの表示順を変更することができます。

  1. タイムラインで、エフェクトを追加したクリップを選択します。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • 「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションで、エフェクトを上下にドラッグします。

    • 「オーディオアニメーション」エディタでエフェクトを上下にドラッグします。

クリップのすべてのエフェクトをほかのクリップにコピーする

クリップに適用されたエフェクトとその設定を別のクリップにコピーできます。この機能は、クリップのエフェクトを調整した後、それをそのままほかのクリップに適用したい場合に特に便利です。

  1. タイムラインでクリップを選択し、「編集」>「コピー」と選択します(または Command + C キーを押します)。

  2. エフェクトのコピー先クリップを 1 つ以上選択して、「編集」>「エフェクトをペースト」と選択します(または Option + Command + V キーを押します)。

クリップに複数のエフェクトが適用されている場合は、すべてのエフェクトと設定がほかのクリップにも適用されます。

選択したクリップのパラメータをほかのクリップにコピーする

選択したオーディオパラメータ(設定やエフェクトなど)をほかのクリップにコピーできます。たとえば、パン設定や、クリップに追加したエフェクトなどを、キーフレーム調整を含めてコピーできます。

  1. タイムラインでクリップを選択し、「編集」>「コピー」と選択します(または Command + C キーを押します)。

  2. パラメータのコピー先クリップを 1 つ以上選択して、「編集」>「パラメータをペースト」と選択します(または Shift + Command + V キーを押します)。

  3. 「パラメータをペースト」ウインドウで、次のいずれかを実行します:

    • コピー元クリップのすべてのオーディオパラメータを適用する:「オーディオパラメータ」チェックボックスを選択します。

    • パラメータを個別に適用する:適用したいパラメータのチェックボックスを選択します。

    • コピー元クリップにキーフレーム調整を加えた場合:「キーフレームのタイミング」セクションで、「保持」または「伸ばして合わせる」を選択します。「伸ばして合わせる」を選択すると、コピー先クリップの継続時間に合わせてキーフレームの時間が調整されます。

    「パラメータをペースト」ウインドウ
  4. 「ペースト」をクリックします。

「Final Cut Pro」に付属の Logic エフェクトについて詳しくは、「Final Cut Pro X Logic エフェクト」を参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?