Final Cut Pro X: プロジェクトに音楽とサウンドを追加する

プロジェクトに音楽とサウンドを追加する

iTunes ライブラリやその他のソースからプロジェクトまたはイベントに直接、音楽ファイルやサウンドファイルを追加できます。

さらに、「Final Cut Pro」内にも、フォーリーなどのサウンドエフェクトが数多く用意されています。これらを、接続されたオーディオクリップとして挿入できます。

1 つのクリップに音声と映像の両方が含まれている場合は、そのクリップのオーディオ部分のみを挿入することもできます。詳しくは、クリップのビデオまたはオーディオだけを追加するを参照してください。

  1. 「写真とオーディオ」サイドバーが表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • Final Cut Pro ウインドウの左上隅にある「写真とオーディオ」ボタンをクリックします。

      「写真とオーディオ」ボタン
    • 「ウインドウ」>「移動」>「写真とオーディオ」と選択します(または Shift + Command + 1 キーを押します)。

  2. 「写真とオーディオ」サイドバーで、ブラウズしたいサウンドカテゴリまたはアプリケーションを選択します。

    そのカテゴリのオーディオクリップがブラウザ内のリストに表示されます。

    「写真とオーディオ」サイドバーには、「サウンドエフェクト」カテゴリと、「iTunes」、「GarageBand」、「Logic Pro」などの音楽アプリケーションやサウンドアプリケーションのリストが表示されます(表示されるアプリケーションは Mac で使用しているアプリケーションによって異なります)。

    「写真とオーディオ」サイドバーで「サウンドエフェクト」カテゴリが選択され、ブラウザにサウンド・エフェクト・クリップのリストが表示されている
  3. 使用したい音楽やサウンドを探すには、以下のいずれかの操作を行います:

    • コレクションを検索して絞り込む:ブラウザの上部にあるポップアップメニューを使って、ブラウザに表示する項目を絞り込みます。たとえば、サイドバーで「iTunes」を選択してポップアップメニューから「購入済み」を選択したり、「サウンドエフェクト」を選択してから「Final Cut Pro サウンドエフェクト」>「衝撃/衝突」と選択したりできます。

    • 項目をプレビューする:リストで項目を選択し、「再生」ボタン をクリックします。

    • 複数の項目を選択する:Command キーを押したまま各項目をクリックします。

  4. 使用したいクリップを 1 つ以上選択してから、以下のいずれかの操作を行います:

    • 1 つまたは複数のサウンドクリップをタイムラインにドラッグします。

    • 1 つまたは複数のサウンドクリップをサイドバーにドラッグします。

      「写真とオーディオ」サイドバーが「ライブラリ」サイドバーに変わり、イベントやキーワードコレクションにファイルを追加できるようになります。ファイルをドラッグすると、「写真とオーディオ」サイドバーが再表示されます。

    「Final Cut Pro」では、読み込みと再生のパフォーマンスを向上させるために、すべての MP3 オーディオファイルが MOV オーディオファイルに自動的にトランスコードされます。オリジナルの MP3 ファイルは将来使用する場合に備えて保持されます。オリジナルとトランスコードされたメディアファイルの保存場所については、ソース・メディア・ファイルを探すを参照してください。

    注記:モノラルオーディオを含むクリップをステレオプロジェクトに追加すると、1 つのモノラルオーディオが左右両方のチャンネルで再生され、プロジェクトのステレオ・オーディオ・メーターに表示されます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?