Final Cut Pro X: チャプタマーカーとそのサムネールイメージを管理する

チャプタマーカーとそのサムネールイメージを管理する

チャプタマーカーは、DVD ディスク、Blu-ray ディスク、および Podcast で標準として採用されている機能です。プロジェクトにチャプタマーカーを追加すると、完成したムービーを共有したとき、視聴者がそれらのマーカーを使用してムービー内のマーカーの位置にすばやく移動できます。再生時に「Final Cut Pro」のチャプタマーカーが認識されるアプリケーションやデバイスには、「iTunes」、iPod、iPhone、iPad、Apple TV、「QuickTime Player」、「DVD Player」や、ほとんどの DVD プレーヤーおよび Blu-ray プレーヤーが含まれます。

チャプタマーカーを使用すると、視聴者は任意のセクションまで簡単にスキップできます。また、Apple のプロ仕様のトランスコーディングアプリケーション「Compressor」や、その他の DVD および Blu-ray オーサリングアプリケーションでも、ナビゲーションに使用できるチャプタ・インデックス・メニューなどのチャプタリストまたはチャプタメニューを作成できます。ただし、メニューのないシンプルなプロジェクト(Podcast など)でも、チャプタマーカーを使用すると、視聴者が再生用のアプリケーションまたはデバイスで「前へ」ボタンと「次へ」ボタンを使用してプログラムのセクション間をすばやく移動できます。

チャプタマーカーのサムネールは、特定のチャプタを表す静止画像です。「Final Cut Pro」では、マークを付けるクリップまたはストーリーラインから特定のビデオフレームを選択して、チャプタマーカーのサムネールイメージにすることができます。チャプタマーカーをサポートする再生用のアプリケーションやデバイスでは、チャプタマーカーのサムネールイメージが対応するチャプタを表します。

チャプタマーカーを作成する

  1. タイムラインで、チャプタの開始点にしたい位置にマーカーを追加します。

    デフォルトでは、青の標準マーカーが作成されます。

  2. この標準マーカーをチャプタマーカーに変更するには、マーカーをダブルクリックしてマーカーコントロールを表示し、「チャプタマーカー」ボタンをクリックします。

    タイムライン内のマーカーの上に表示されているマーカーコントロール

    マーカーがオレンジのチャプタマーカーに変わります。

チャプタマーカーのサムネールイメージを設定する

チャプタマーカーを設定した後、そのチャプタを表す適切なビデオフレームを選択できます。

  1. タイムラインでチャプタマーカーをクリックして選択します。

    マーカーが少し拡大して、選択されていることが示され、そのチャプタマーカーの右にチャプタマーカーのサムネールピンが表示されます。デフォルトでは、チャプタマーカーのサムネールピンはチャプタマーカーの 11 フレーム後ろに表示されます。

    タイムライン内のクリップ上の、チャプタマーカーおよびチャプタマーカーのサムネールピン
  2. チャプタマーカーのサムネールイメージのビデオフレームを設定するには、タイムラインでピンを左または右にドラッグします。

    ドラッグ中に、対応するビデオフレームがビューアに表示されます。

    タイムラインで別のビデオフレームにドラッグされている、チャプタマーカーのサムネールピン

    注記:チャプタマーカーのサムネールイメージは、タイムラインでのその位置から合成されるイメージであり、タイトルやその他のスーパーインポーズイメージが表示されます。

    チャプタマーカーが基本ストーリーライン内にある場合、チャプタマーカーのサムネールピンは基本ストーリーラインの先頭から末尾までの間でドラッグできます。チャプタマーカーが接続されたストーリーライン内にある場合、チャプタマーカーのサムネールピンは接続されたストーリーラインの先頭から末尾までの間でドラッグできます。

完成したムービーの共有については、プロジェクトの共有の概要を参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?