Final Cut Pro X: 「タイムライン」のクリップのアピアランスと高さを調整する

「タイムライン」のクリップのアピアランスと高さを調整する

「Final Cut Pro」では、タイムラインでのクリップの表示方法を変更できます。たとえば、クリップをビデオのフィルムストリップオーディオ波形と一緒に表示することも、クリップだけを表示することもできます。また、クリップの縦の高さを変更したり、クリップのサムネールに表示されるビデオのフィルムストリップとオーディオ波形の相対的なサイズを調整したりすることもできます。クリップのラベルのみを表示することもできます。

  1. タイムラインの右上隅にある「クリップのアピアランス」ボタンをクリックします。

    タイムラインの上にある「クリップのアピアランス」ボタン

    クリップのアピアランスのコントロールが表示されます。

    クリップのアピアランスのコントロール
  2. タイムラインクリップのフィルムストリップと波形の表示を調整するには、いずれかの「クリップのアピアランス」ボタンをクリックします。

    左端の「クリップのアピアランス」ボタン。大きいオーディオ波形のみを表示

    クリップを大きいオーディオ波形のみで表示する:左端のボタンをクリックします(または Control + Option + 1 キーを押します)。

    左から 2 番目の「クリップのアピアランス」ボタン。オーディオ波形を大きく、フィルムストリップを小さく表示

    クリップのオーディオ波形を大きく、フィルムストリップを小さく表示する:左から 2 番目のボタンをクリックします(または Control + Option + 2 キーを押します)。

    左から 3 番目の「クリップのアピアランス」ボタン。オーディオ波形とフィルムストリップを同じサイズで表示

    クリップのオーディオ波形とビデオフィルムストリップを同じサイズで表示する:左から 3 番目のボタンをクリックします(または Control + Option + 3 キーを押します)。

    右から 3 番目の「クリップのアピアランス」ボタン。オーディオ波形を小さく、フィルムストリップを大きく表示

    クリップのオーディオ波形を小さく、フィルムストリップを大きく表示する:右から 3 番目のボタンをクリックします(または Control + Option + 4 キーを押します)。

    右から 2 番目の「クリップのアピアランス」ボタン。大きいフィルムストリップのみで表示

    クリップを大きいフィルムストリップのみで表示する:右から 2 番目のボタンをクリックします(または Control + Option + 5 キーを押します)。

    右端の「クリップのアピアランス」ボタン。クリップラベルのみを表示

    クリップラベルのみを表示する:右端のボタンをクリックします(または Control + Option + 6 キーを押します)。

    ヒント:タイムラインクリップのオーディオ波形のサイズを拡大するには、Control + Option + ↑キーを押します。タイムラインクリップのオーディオ波形のサイズを縮小するには、Control + Option + ↓キーを押します。

  3. タイムラインクリップの縦の高さを調整するには、クリップの高さのスライダを左にドラッグしてクリップの高さを低くするか、右にドラッグしてクリップの高さを高くします。

  4. クリップラベルの表示を調整するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • クリップを名前順に表示する:「クリップ名」チェックボックスを選択します。

    • マルチカムクリップをアクティブビデオアングルまたはアクティブオーディオアングルの名前で表示する:「アングル」チェックボックスを選択します。

    • クリップをロール別に表示する:「クリップロール」チェックボックスを選択します。

    • 常にレーン名を表示する(名前がクリップで隠されないようにする):「レーンヘッダ」チェックボックスを選択します。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?