Final Cut Pro X: 「トリム」ツールを使ってスライド編集を行う

「トリム」ツールを使ってスライド編集を行う

スライド編集では、タイムラインでほかの 2 つのクリップの間にあるクリップの位置を、ギャップを作らずに移動できます。クリップの内容と継続時間は維持され、タイムライン内での位置のみが変わります。クリップをスライドさせると、クリップの位置の変化に応じて、隣接するクリップが長くなったり短くなったりします。これら 3 つのクリップを合わせた継続時間は変わらず、プロジェクトの合計継続時間も変わりません。

ほかの 2 つのクリップの間にあるクリップの位置が、スライド編集で変化

注記:ほかの 2 つのクリップの間にあるクリップをスライドさせるには、前後のクリップにメディアハンドル(編集点を越えて使用できる追加のメディア)が必要です。編集点をダブルクリックすると、そのメディアハンドルを詳細編集に表示したり調整したりできます。

使用できるメディアハンドルがない場合は、代わりに「位置」ツール を使用してください。「詳しくは、「位置」ツールを使用してクリップを上書きするを参照してください。

隣接するクリップに関する編集についてのより正確で視覚的なフィードバックを得るため、ビューアで「ツーアップ」表示で確認できます。スライド編集では、ツーアップ表示に、調整している 2 つの編集点、つまり前のクリップの終了点と後ろのクリップの開始点が表示されます。詳しくは、詳細なトリミングフィードバックを表示するを参照してください。

  1. タイムラインの左上隅にある「ツール」ポップアップメニューをクリックし、「トリム」を選択します(または T キーを押します)。

    「ツール」ポップアップメニューの「トリム」ツール

    ポインタが「トリム」ツール に変わります。

    ヒント:一時的に「トリム」ツールに切り替えるには、T キーを押したままにします。T キーを放すと、ツールは直前にアクティブだったツールに戻ります。

  2. Option キーを押しながら、クリップを左または右にドラッグします。

    隣接するクリップの黄色の選択範囲は、スライド編集を示します。

    Option キーを押したまま、タイムラインでドラッグされているクリップ。隣接するクリップに、スライド編集を示す黄色の選択範囲が表示されている

    ドラッグ中、タイムコードフィールドにタイムライン内のクリップを移動する時間の量が表示されます。

    スライド編集後にタイムライン内で右に移動したクリップ。クリップの継続時間は変化しない

    マウスまたはトラックパッドボタンを放すと、スライドクリップはタイムライン内の新しい位置に表示されます。隣接するクリップは、クリップの位置の変化に応じてトリムされます。

    注記:ドラッグ中に終了点が赤色になったら、クリップのその側で使用できるメディアの末尾に達しています。

    使用できるメディアの末尾を示す、タイムライン内の赤い編集点

    現在の選択範囲で以下のいずれかの操作を行うことで、キーボードショートカットを使ってクリップをスライドさせることもできます:

    • カンマ(,)キーまたはピリオド(.)キーを押して開始点と終了点を左または右に 1 フレーム移動します。Shift +カンマキーまたは Shift +ピリオドキーを押して、開始点と終了点を左または右に 10 フレーム移動することもできます。

    • プラス記号(+)キーまたはマイナス記号(-)キーを押してからタイムコードの継続時間を入力してクリップを左または右にスライドさせ、Return キーを押します。

    詳しくは、「タイムライン」でクリップを並べ替えるを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?