Final Cut Pro X: クリップを伸ばす/縮める

クリップを伸ばす/縮める

クリップの開始点または終了点を調整することによって、プロジェクト内のクリップをトリミングできます。

「Final Cut Pro」のデフォルトのトリムのタイプはリップル編集です。リップル編集は、タイムラインにギャップを残さずに、クリップの開始点や終了点を調整します。クリップの継続時間の編集は外部に波及し、後続のクリップがすべてタイムライン上で前後に移動します。

短くされる前と後のクリップ

同様に、タイムラインからクリップを削除した場合は、後続のクリップが前に移動してギャップが閉じられます。リップル編集は、トリムしたクリップ、タイムライン内で後ろにあるすべてのクリップの位置、およびプロジェクト全体の継続時間に影響します。

タイムラインで編集点をトリムするときは、ビューアで「ツーアップ」表示で確認できます。この表示では、編集点の両側の詳細表示が表示されます。詳しくは、詳細なトリミングフィードバックを表示するを参照してください。

「選択」ツールを使って編集点をドラッグする

  1. タイムラインで、トリムしたいクリップの開始点または終了点にポインタを移動します。

    ポインタが矢印アイコン からトリムアイコンに変わります。トリムアイコンの外観が変わって、トリムが左のクリップの終了点か右のクリップの開始点のどちらに影響するかを示します。

    トリムアイコンが、左または右のクリップのどちらをトリムするかを示すように変化
  2. クリップをトリムしたい方向に、開始点または終了点をドラッグします。

    ドラッグ中にクリップは短くなったり長くなったりします。数値タイムコードフィールドは、クリップの継続時間と、編集点を移動する時間の量を示します。

    数値タイムコードフィールドが、編集の継続時間を示すために編集点の上に表示されている

    それに応じて編集点の右にあるクリップがリップルされます。

    クリップをいずれかの方向に最大長まで長くすると、クリップの端が赤色になります。

    クリップの端が赤色であることは、クリップが最大長まで長くなったことを示す

タイムコードを使用してクリップの新しい継続時間を入力する

タイムコード値を入力することによって、1 つまたは複数のクリップの合計継続時間を変更することができます。

  1. タイムラインで 1 つまたは複数のクリップを選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「変更」>「継続時間を変更」と選択します(または Control + D キーを押します)。

    • ビューアの下のタイムコード表示をダブルクリックします。

    タイムコード表示が変化し、手順 1 で選択したクリップの合計継続時間が反映されます。

    クリップの継続時間を示しているタイムコード表示
  3. 選択したクリップの新しい継続時間を入力します。

クリップの終了点が入力した継続時間まで移動し、それに応じてタイムライン内の以降のクリップがリップルします。クリップで使用できるメディアより長い継続時間を入力すると、継続時間がクリップの最大長まで延長されます。

タイムコード値の入力について詳しくは、タイムコードを使って移動するを参照してください。

選択範囲にトリムする

  1. タイムラインで、残しておきたいクリップの一部を選択します。

    タイムライン内の選択範囲

    選択範囲について詳しくは、範囲を選択するを参照してください。

  2. 「トリム」>「選択部分をトリム」と選択します。

    クリップの開始点と終了点が選択範囲に合わせてトリムされます。

    選択範囲の開始点と終了点にトリムされたタイムライン内のクリップ

不要なセクションはクリップとプロジェクトから削除され、それに応じてプロジェクト内の以降のクリップがリップルします。

キーボードショートカットを使って編集点を細かく移動する

キーボードショートカットを使って、クリップの開始点または終了点を細かく移動することができます。編集点をビデオフレーム単位で移動できます。また、接続されたオーディオクリップ(基本ストーリーラインに含まれていないもの)の編集点をサブフレーム単位で移動することもできます。

  1. タイムラインで、トリムしたいクリップの開始点または終了点を選択します。

    タイムラインで選択されているクリップの開始点
  2. 編集点を移動するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 編集点を 1 フレーム左に移動する:カンマ(,)キーを押します。

    • 編集点を 10 フレーム左に移動する:Shift +カンマ(,)キーを押します。

    • 編集点を 1 フレーム右に移動する:ピリオドキー(.)を押します。

    • 編集点を 10 フレーム右に移動する:Shift +ピリオドキー(.)を押します。

  3. 接続されたオーディオクリップの編集点を、1 つまたは複数のサブフレームずつ移動したい場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 編集点を 1 サブフレーム左に移動する:Option +カンマ(,)キーを押します。

    • 編集点を 10 サブフレーム左に移動する:Option + Shift +カンマ(,)キーを押します。

    • 編集点を 1 サブフレーム右に移動する:Option +ピリオドキー(.)を押します。

    • 編集点を 10 サブフレーム右に移動する:Option + Shift +ピリオドキー(.)を押します。

    サブフレームについて詳しくは、オーディオ波形をオーディオ・サンプル・レベルで表示するを参照してください。

編集点を再生ヘッドまたはスキマーの位置に移動する

タイムライン内の選択した編集点を、キーボードショートカットを使ってリップル編集またはロール編集のいずれかとして調整することができます。

  1. タイムラインで、調整したい編集点を選択します。

    タイムラインで選択されているクリップの終了点

    注記:ロール編集の場合は、「トリム」ツールを使って編集点の両側を選択します。

  2. 再生ヘッドまたはスキマーを、タイムライン内の編集点を移動したい位置に配置します。

    新しい編集点を定義するために、スキマーがタイムライン内のクリップに配置される
  3. 「トリム」>「編集を拡張」と選択します(または Shift + X キーを押します)。

    編集点が再生ヘッドまたはスキマーの位置まで拡張されます。

    タイムライン内のスキマーの位置まで展開された、クリップの終了点

    上の例では、クリップの終了点を選択した場合、それに応じてタイムライン内の以降のクリップがリップルされます。「トリム」ツールを使って編集点の両端を選択した場合は、右側のクリップがロール編集によって短くなり、クリップはリップルしません。

タイムコードを使用して編集点をトリムする

タイムコード値を入力することによって、クリップを数値でトリムできます。

  1. 「選択」ツールがアクティブなツールでない場合は、タイムラインの左上隅にある「ツール」ポップアップメニューをクリックして、「選択」を選択します(または A キーを押します)。

    「ツール」ポップアップメニューの「選択」ツール
  2. タイムラインで、トリムしたいクリップの開始点または終了点を選択します。

  3. 編集点をトリムするには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 編集点を正方向に移動する:プラス記号(+)キーを押して、トリムする分のタイムコードの継続時間を入力し、Enter キーを押します。

    • 編集点を逆方向に移動する:マイナス記号(-)キーを押して、トリムする分のタイムコードの継続時間を入力し、Enter キーを押します。

      ビューアの下のタイムコード表示に、トリム分の継続時間が表示されます。

      入力された継続時間を示しているタイムコード表示

クリップは入力した時間の量だけ短くなったり長くなったりし、それに応じてタイムライン内の以降のクリップがリップルされます。

注記:クリップをその最大長より長くすることはできません。

タイムコードの入力の詳細とヒントについては、タイムコードを使って移動するを参照してください。

再生ヘッドの位置にあるクリップの先頭または末尾をカットする

一部のビデオクリップには、先頭や末尾に、プロジェクトに含めたくないセクションが存在する場合があります。これらの範囲は、プロジェクトの再生中でも、1 つのコマンドで簡単にトリムできます。選択する必要はありません。このタイプの編集は、全体編集と呼ばれることもあります。

  1. タイムラインで、クリップをトリムしたい位置にあるフレーム上に再生ヘッドまたはスキマーを配置します。

    タイムライン内のクリップ上に置かれているスキマー
  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • クリップの先頭をトリムする:「トリム」>「トリム開始」と選択するか、Option +左大カッコ([)キーを押します。

    • クリップの末尾をトリムする:「トリム」>「トリム終了」と選択するか、Option +右大カッコ(])キーを押します。

    • 編集点を再生ヘッドに最も近い位置までトリムする:「トリム」>「再生ヘッドの位置までトリム」と選択するか、Option +円記号(¥)を押します。

    クリップが再生ヘッド(またはスキマー)の位置までトリムされ、それに応じてタイムラインがアップデートされます。

    タイムライン内のスキマーの位置までトリムされたクリップ

    接続されたクリップまたはストーリーラインの場合は、選択したクリップがトリムされます。選択範囲がない場合は、一番上のクリップがトリムされます。

オーディオをビデオに揃える

いつでもプロジェクト内のクリップまたはコンポーネントのオーディオをビデオに揃えて、ビデオとオーディオの開始点と終了点を一致させることができます。これによって、作成したスプリット編集を消去できます。

複数のクリップまたはコンポーネントを選択できます。

  1. タイムラインで、揃えたいクリップまたはコンポーネントを選択します。

  2. 「トリム」>「オーディオをビデオに揃える」と選択します。

注記:プロジェクト内に多数のスプリット編集がある場合は、オーディオロールを個別のレーンに表示してオーディオを展開表示すると便利です。詳しくは、オーディオレーンを使ってタイムラインを整理するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?