macOS High Sierra

「メッセージ」と「メール」を使って写真を共有する

「メッセージ」アプリケーションを使って、一度に 10 枚までの写真を「写真」から直接送信できます。「メッセージ」を使って共有するには、「メッセージ」アプリケーションにサインインする必要があります。Apple ID を使用してサインインできます。

「メール」アプリケーションを使って「写真」から直接写真を送信することもできます。

「写真」を開く

「メッセージ」にサインインする

  1. 「メッセージ」アプリケーションを開きます。

  2. 「メッセージ」>「環境設定」と選択して、「アカウント」をクリックします。

  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • Apple ID とパスワードを入力して、「サインイン」をクリックします。

    • 「アカウント」パネルの左下隅にある追加ボタン をクリックして、アカウントの種類を選択し、「続ける」をクリックしてから、ユーザ名とパスワードを入力します。

  4. 「環境設定」ウインドウを閉じます。

「メッセージ」で写真を共有する

  1. 「写真」で、共有する写真(10 枚まで)を選択します。

    受信者は「メッセージ」を使用して送信された Live Photos のビデオを再生できます。

  2. ツールバーの「共有」ボタン をクリックして、「メッセージ」を選択します。

  3. 1 つ以上のメールアドレスまたは電話番号を入力するか、追加ボタン をクリックして「連絡先」から相手を選択します。

    「メッセージ」のオプションが表示されているダイアログ。

    必要に応じて、写真に添えるテキストメッセージを入力できます。

  4. 「送信」をクリックします。

「メール」を使用して写真を共有する

「メール」を使って、「写真」から直接写真を送信できます。「メール」を使って写真を送信する場合は、「メール」環境設定でリストの一番上にあるアカウントから送信されます。「メール」環境設定でほかにもメールアカウントを設定している場合は、メールを送信するときに送信元のメールアカウントを選択できます。

注記:「メール」を使用して Live Photos を送信する場合、Live Photos は静止画像のみとして転送されます。

ヒント:送信するファイル数が多い場合や、サイズが大きい場合は、Mail Drop を使って送信できます。Mail Drop を使うには、iCloud にサインインする必要があります。Mail Drop を使うと、Mac 上の「メール」、あるいは Mac または PC 上の icloud.com/mail から、5 GB までのサイズの添付ファイルを送信できます。すべてのファイルタイプがサポートされます。添付ファイルの容量は、iCloud ストレージの消費量としてカウントされません。

「写真」を開く

  1. 送信したい写真を選択します。

    フォトライブラリまたはアルバムに含まれる写真を送信できます。スライドショーやプロジェクト(ブック、カード、カレンダーなど)に含まれる写真は送信できません。

  2. ツールバーの「共有」ボタン をクリックして、「メール」をクリックします。

    「メール」が開き、写真が添付されたメールメッセージが表示されます。

  3. 「宛先」フィールドに受信者のメールアドレスを入力し、「件名」フィールドに件名を入力します。

  4. メッセージを入力し、必要に応じて「イメージサイズ」ポップアップメニューからイメージサイズを選択してから、「送信」をクリックします。