macOS High Sierra

写真ライブラリのバックアップを作成する

iCloud フォトライブラリを使用する場合でも、以下のいずれかの方法でライブラリのバックアップを常にローカルで作成することが重要です。

  • Time Machine を使用する:Time Machine を設定すると、自動的にファイルのバックアップが Mac 上に作成されます。写真ライブラリ内のファイルが失われた場合は常に、Time Machine バックアップから復元できます。Time Machine の設定について詳しくは、「アプリケーション」フォルダ内の「Time Machine」を開いて、「ヘルプ」メニューで調べてください。

    警告:フォトライブラリが外部ドライブにある場合は、「Time Machine」を使用してドライブのバックアップを作成しないでください。 フォトライブラリのアクセス権が Time Machine バックアップのアクセス権と競合する可能性があります。

  • ライブラリを外部ストレージデバイスに手動でコピーする:写真ライブラリ(デフォルトでは Mac の「ピクチャ」フォルダ内にあります)をストレージデバイスにドラッグして、コピーを作成します。

複数のフォトライブラリがある場合は、必ずすべてのバックアップを作成してください。

重要:イメージファイルのいずれかがフォトライブラリ以外に保存されている場合は、ライブラリのバックアップ作成時にそれらのファイル(参照ファイルと呼ばれます)のバックアップは作成されません。それらのファイルのバックアップは必ず個別に作成してください。参照ファイルをライブラリに統合すると、一度にすべてのイメージファイルのバックアップを簡単に作成できます。詳しくは、ファイルの保存場所を変更するを参照してください。