macOS High Sierra

ファイルの保存場所を変更する

「写真」に読み込んだ写真やビデオは、コピーされて写真ライブラリに保存されます。必要に応じて、写真やビデオを写真ライブラリ以外(たとえば、Mac または外部ドライブのフォルダ内)に保存して、引き続き「写真」で表示することができます。ライブラリ以外に保存されているファイルを参照ファイルと呼びます。参照ファイルについて詳しくは、写真が保存されている場所を参照してください。

参照ファイルの iCloud フォトライブラリへのアップロードと保存は、自動的には行われません。また、フォトライブラリのバックアップ作成時に、ほかの項目と一緒にはバックアップされません。手動でバックアップを作成する必要があります。参照ファイルのバックアップを手動で作成しなくてもすむようにしたい場合は、ファイルをライブラリに移動(統合)することができます。

「写真」を開く

読み込んだファイルを写真ライブラリ以外に保存する

  1. 「写真」>「環境設定」と選択し、「一般」をクリックします。

  2. 「項目を写真ライブラリにコピー」チェックボックスの選択を解除します。

    これで、写真やビデオを読み込んだとき、ファイルは元の場所に置かれたままになり、参照ファイルとしてアクセスされるようになります。

参照ファイルを写真ライブラリ内にコピーする

バックアップの作成を簡単に行えるように、また iCloud フォトライブラリに自動的に取り込めるように、参照ファイルを写真ライブラリ内にコピーできます。

  1. 写真ライブラリ内に移動したいファイルを選択します。

  2. 「ファイル」>「統合」と選択します。

  3. 「コピー」をクリックします。