macOS High Sierra

写真が保存されている場所

デフォルトで、「写真」に読み込んだ写真とビデオは、Mac の写真ライブラリに保存されます。

ただし、記憶装置や Mac のほかのフォルダから項目を読み込む場合は、Mac の領域は減らないため項目を元の場所に置いたままでもかまいません。デバイスまたはフォルダが「写真」からアクセスできる場合は、通常通り「写真」ウインドウでこれらの項目を表示したり作業したりできます。(写真ライブラリ以外の場所に保存されているファイルは、参照ファイルと呼ばれます。)

写真ライブラリ以外の場所にファイルを保存することは、Mac の領域の節約になりますが、以下に注意してください:

  • iCloud フォトライブラリを使用する場合、写真ライブラリの外部にある写真およびビデオは、iCloud フォトライブラリに保存されません。そのため、iCloud フォトライブラリを使用するほかの Mac やデバイスからは、これらのファイルにアクセスすることができません。

  • ファイルが置かれているデバイスを取り外したり、Finder でファイルを移動したり名称変更したりすると、「写真」がこれらのファイルを見つけることができなくなるため、「写真」アプリケーションでこれらのファイルで操作できません。

注記:iCloud フォトライブラリを使用する場合、「iCloud」環境設定で Mac ストレージを最適化オプションをオンにすることも、領域の節約になります。こうすると、必要に応じてより小さい写真ファイルが Mac の iCloud フォトライブラリに置かれます。フルサイズの写真およびビデオには、いつでも Mac から iCloud 経由でアクセスできますが、写真ライブラリによって消費される Mac の領域はより少なくなります。

「写真」を開く