テーマセレクタ。上部には、タップするとオプションをフィルタできるカテゴリの行が表示されています。「詳細」ボタンが右上隅にあり、ここで「標準」または「ワイド」フォーマットを設定したり、特定の言語や地域のフォーマットを設定したりできます。下にはあらかじめデザインされたテーマのサムネールがあり、カテゴリ別に横に並べて配置されています。各カテゴリ行の右上には、「すべてを表示」ボタンが表示されています。

テーマを使って始める

すべてのプレゼンテーションはテーマから始まります。テーマとは、基になるものとして使用できるデザイン済みスライドレイアウトのセットのことです。テーマのイメージとテキストを独自の内容で置き換えたら、必要に応じてスライドを追加します。

プレゼンテーションを作成する

「挿入」メニュー。上部に表、グラフ、図形、およびメディアを追加するボタンがあります。図形が選択され、そのメニューにカテゴリの行と、左側に検索ボタンが表示されています。「活動」カテゴリが選択され、下に図形が表示されています。

テキストや写真や描画などを追加する

スライドにテキストボックス、表、グラフ、図形、メディア(イメージ、オーディオ、およびビデオ)などのオブジェクトを追加します。オブジェクトは、重ねたり、サイズを変更したり、Webページやプレゼンテーション内のほかのスライドにリンクさせたりできます。

イメージ、グラフ、およびその他のオブジェクトの概要

選択したビデオのサイズや外観を変更する「フォーマット」コントロール。コントロール上部に「スタイル」、「ムービー」、「配置」のボタンがあります。

ライト、カメラ、アクション

ムービー、ライブビデオ、録音済みナレーション、ミュージックなどを使って、プレゼンテーションを活気あるものにしましょう。

ビデオとオーディオを追加する

スライドで選択されているオブジェクトのアニメーションコントロール。画面下部には、使用中のビルドインエフェクトのボタンと、「アクションを追加」ボタンおよび「ビルドアウトを追加」ボタンがあります。「イン」ボタンは、出現エフェクトを編集するためのオプションが含まれるメニューを表示します。

アニメーションで装飾する

聴衆にとって魅力的になるように、視覚的エフェクトやアニメーションを追加します。例えば、スライドを切り替える際にディゾルブさせるトランジションを追加したり、タイトルの文字を1語ずつ跳ねるように登場させたりします。

スライド間にトランジションを追加する

「人を追加」画面。共有されているプレゼンテーションの写真が表示されています。その下には、メール、「リンクをコピー」、「詳細」など、参加依頼を送信する方法のボタンがあります。下部には「共有オプション」ボタンがあります。

リアルタイムで共同制作する

ほかの人にプレゼンテーションで共同制作するように依頼できます。プレゼンテーションが変更されると、その内容は参加依頼した全員に表示されますが、プレゼンテーションのオーナーは編集できるユーザと閲覧のみのユーザを指定することができます。

共同制作の概要

Keynote Liveを紹介するウインドウ。下部に「続ける」ボタンが表示されています。

どのような状況でもプレゼンテーションを実施する

インターネットで、複数発表者とバーチャルで、インタラクティブなプレゼンテーションでなど、さまざまな方法でスライドショーを再生できます。

プレゼンテーションを再生する

このガイドは、iPadでKeynote 11.2を使い始める際に役立ちます。(使用しているKeynoteのバージョンを確認するには、「設定」  >「Keynote」と選択します。)「Keynoteユーザガイド」を詳しく見るには、ページ上部の目次をタップするか、検索フィールドに単語や語句を入力します。Apple Booksからガイドをダウンロードすることもできます(利用可能な場合)。

さらにヘルプが必要な場合は、KeynoteサポートのWebサイトにアクセスしてください。

役に立ちましたか?
入力可能な文字数: 250
入力可能な文字数は 250 です。
フィードバックありがとうございます。