Apple ウォレットの交通系 IC カード、パス、キーをエクスプレスモードで使う

ウォレット App に入れたカード、パス、キーは、エクスプレスモードに設定しておけばワンタップで使えます。

エクスプレスモードを使えば、デバイスのスリープやロックを解除しなくても、Face ID、Touch ID、またはパスコードで認証しなくても、Apple ウォレットに入れている一部のカード、キー、パスを使えます。デバイスの充電が必要な状況になっても、カード、パス、キーを使える場合があります。

交通系 IC カードや決済カード、パス、キーをエクスプレスモードに設定する

エクスプレスモードに対応した交通系 IC カードやその他の対応カード、パス、キーを Apple ウォレットに追加すると、デフォルトでエクスプレスモードが有効になります。どのカード、パス、キーをエクスプレスモードにするか設定を変更することもできます。

  • ウォレット App で複数のカード、パス、キーを同時にエクスプレスモードにしておけます。たとえば、学生証を 1 つと車のキー 1 つをそれぞれエクスプレスモードに設定することができます。
  • ものによっては、同じ種類や発行者のカード、パス、キーを複数同時にエクスプレスモードにできない場合があります。たとえば、同じ学校の学生証は 1 つしかエクスプレスモードに設定できません。
  • 一部のパスについては、同じ種類の複数のパスをエクスプレスモードに設定できる場合があります。
  • 交通関連では、交通ネットワークごとに 1 枚の交通系 IC カードをエクスプレスカードとして設定できます。エクスプレスカードとして設定した交通系 IC カードを使えない場所で運賃の支払いに使える決済カードを、別途設定しておくこともできます。

iPhone で交通系 IC カードや決済カード、パス、キーをエクスプレスモードに設定する方法

  1. ウォレット App を開いて、カード、パス、またはキーを選択します。
  2. 詳細ボタン をタップして、「エクスプレスカード設定」または「エクスプレスモード」をタップします。
  3. 使いたい交通系 IC カード、デビット/クレジットカード、その他のエクスプレスモード対応のパスやキーを選択します。

Apple Watch では別の交通系 IC カードや決済カードをエクスプレスモードに設定することができます。

iPhone で、Apple Watch App を開きます。「マイウォッチ」タブで、「ウォレットと Apple Pay」をタップします。「エクスプレスカード」をタップし、交通系 IC カードまたは決済カードを選択して、Apple Watch 上でパスコードを使って認証します。

エクスプレスモード対応のカード、キー、パス

エクスプレスモードは、以下のようなエクスプレスモード対応のカード、キー、パスで選択できます。

iPhone や Apple Watch でエクスプレスモードを使う方法

  1. iPhone の上部や Apple Watch のディスプレイを非接触型リーダーにかざします。
  2. 支払いが正常に完了すると、画面上にチェックマークと「完了」という文字が表示されます。交通機関の利用時は、改札口が開いて、音が鳴る場合があります。

これで終わりです。デバイスのスリープやロックを解除したり、Face ID、Touch ID、またはパスコードで認証したり、ウォレット App を開いたりする必要もありません。

予備電力機能付きエクスプレスカードを使う

iPhone の充電が必要な状況になっても、iPhone でエクスプレスモードのカード、パス、キーを使える可能性があります。対応モデルの iPhone をお使いの場合は、iPhone の充電が必要になっても最大 5 時間まで予備電力機能で一部のカード、パス、キーを使えることがあります。

予備電力機能で使えるカード、パス、キーを確認するには、iPhone の充電が必要な状況下でサイドボタンまたはホームボタンを押します。ただし、サイドボタンやホームボタンを頻繁に押しすぎると、予備電力が著しく減少する場合があります。また、iPhone の電源を切ると、この機能は使えなくなります。

予備電力機能付きエクスプレスカードについて詳しくは、こちらを参照してください。

公開日: