iPhone や iPod touch で Wallet を使う

Wallet を使えば、クレジットカードやプリペイドカード、Suica、搭乗券、映画のチケットなどを 1 か所にまとめて管理できます。

Wallet を使えば、iPhone に入れてある搭乗券を使って空港で搭乗手続きをしたり、QR コードを使って劇場で映画のチケットを発券したりできます。それぞれのパスには、フライトの詳細や映画の座席番号などの便利な情報が含まれています。米国の一部の大学に在籍している学生は、学生証を iPhone や Apple Watch で使うことができます。

支払いに使うカードを Wallet に追加する場合は、Apple Pay の設定方法をこちらの記事でご確認ください。


パスを追加する

Wallet にパスを追加するには次のような方法があります。

  • Wallet 対応 App を使う (Wallet で下にスクロールし、「パスを編集」をタップして、「Wallet 用の App を検索」をタップします)
  • バーコード/QR コードをスキャンする (Wallet で下にスクロールし、「パスを編集」をタップして、「コードをスキャン」をタップし、iPhone のカメラを使ってスキャンします)
  • Apple Pay 対応のお店で Apple Pay で支払った後に届く Wallet の通知をタップする
  • メールやメッセージで
  • Web ブラウザを通じて
  • AirDrop で共有する
  • Mac から
  • iTunes Pass を作成する
  • eAccounts App を使う (学生証の場合)

搭乗券やチケットを Wallet に追加するオプションが表示されない場合は、その発行元に連絡して Wallet に対応しているかどうかお確かめください。

「Apple Wallet に追加」をタップして、パスの右上隅の「追加」をタップしないと、追加できない場合があります。また、「追加」ボタン付きのポップアップメッセージが表示され、これをタップしてパスを Wallet に追加できる場合もあります。

 

パスを削除する

パスを 1 つ削除するには、以下の手順を実行してください。

  1. Wallet で下にスクロールして、「パスを編集」をタップします。 
  2. 矢印のボタンをタップします。
  3. 「削除」をタップします。

または、削除したいパスをタップし、 をタップして、下にスクロールしてから「パスを削除」をタップします。

複数のパスを一度に削除するには、以下の手順を実行してください。

  1. Wallet で下にスクロールして、「パスを編集」をタップします。 
  2. 削除したいパスの横にある をタップします。
  3. 「削除」をタップします。

 

パスを使う

一部のパスには時間や位置に基づく情報が含まれていて、特定の時間や圏内に入ると自動的に表示されます。たとえば、空港に到着すると搭乗券が表示されるといった具合です。パスに非接触型のシンボルが付いている場合は、同じシンボルが付いているカードリーダーや POS 端末でそのパスを使えます。

必要に応じて、スライダをスライドしてデバイスのロックを解除し、目的のパスを表示してスキャンします。

iPhone 7/iPhone 7 Plus 以降をお持ちの場合は1、次の方法ですばやく Apple Pay を使えます。

  • Suica、クレジットカード、プリペイドカードを Apple Pay に登録してある場合は、ロック画面からホームボタンをダブルクリックして (iPhone X 以降の場合はサイドボタンをダブルクリックして) Wallet を開きます。 
  • Suica をエクスプレスカードに設定してある場合は、iPhone を非接触型リーダーにかざすだけでお支払いができます。Touch ID や Face ID での認証が必要になる場合があります。

フライトの更新情報などを自動的に通知したい場合は、以下のように設定します2

  1. Wallet で、パスをタップします。
  2. 「詳細」ボタン をタップします。
  3. 「通知」ボタンをタップし、通知のオン/オフを切り替えます。

すべてのパスに対して通知を有効にする場合は、「設定」>「通知」>「Wallet」の順に選択し、「通知を許可」をオンにして、必要な通知方法をオンにします。

Wallet で学生証を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

パスの設定を変更する

パスをタップし、そのパスの 「その他」ボタン をタップすると、設定内容や詳細情報が表示されます。この情報画面では以下のことができます。

  • パスを削除する。
  • パスを共有する (共有できないパスもあります)。
  • パスを更新する (パスを下へスワイプする)。
  • そのパスに関連する App を開く、またはインストールする。
  • 「自動アップデート」のオン/オフを切り替える。
  • 「ロック画面に候補として表示」のオン/オフを切り替える。
  • 非接触型のパスの「自動選択」のオン/オフを切り替える。

また、情報画面には上記以外の情報 (たとえば加盟店の連絡先情報など) が表示されることもあります。

パスの順番を入れ替えるには、パスを指で押さえたまま上下にドラッグします。順番を入れ替えると、それがすべてのデバイスに反映されます。

Wallet 内の特定のクレジットカードやプリペイドカードをドラッグして最前面 (一番手前) に移動すると、そのカードが Apple Pay のメインカードになります。

問題がある場合

ロック画面にパスが表示されるはずなのに表示されない場合は、Wallet を開いてそのパスを選択した上でスキャンします。以下の場合はロック画面に自動的にパスが表示されません。

  • 位置情報サービスがオフになっている。
  • そのパスの「ロック画面に候補として表示」オプションがオフになっている。
  • お店がこの機能に対応していない。

 

1. 日本で Apple Pay を使ってお店で支払うには、iPhone 8 または iPhone 8 Plus 以降が必要です。または、または、日本国内で購入した iPhone 7、iPhone 7 Plus でもご利用になれます。お使いのデバイスが日本国内で購入されたものかどうかを調べるには、こちらの記事を参照してください。

2. 加盟店によっては通知を許可していない場合があります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: