iPhone や Apple Watch の Apple ウォレットに学生証を追加する

iPhone や Apple Watch を使って、学生寮、図書館、キャンパス内のイベント会場といった場所に出入りできます。また、キャンパス周辺のコインランドリーや食堂、軽食の支払いにも使えます。

iPhone や Apple Watch に学生証を追加するには、以下の準備が必要です。

  • 最新バージョンの iOS を搭載した対応モデルの iPhone、または最新バージョンの watchOS を搭載した対応モデルの Apple Watch*
  • Apple ID でデバイスにサインインしておく
  • この機能に対応した短大や大学に在籍していること*
  • 在籍する学校の App の最新バージョンを App Store から入手しておく*

* 詳しくは、在籍する学校の学生証取り扱い窓口にお問い合わせください。

Apple ウォレットに学生証を追加する方法

  1. 在籍する学校の App に、学校から支給されたユーザ名とパスワードでサインインします。
  2. 「Apple ウォレットに追加」をタップします。
    「Apple ウォレットに追加」ボタン
  3. 画面の指示に従います。

Apple ウォレットから学生証を削除する方法については、こちらの記事を参照してください。

iPhone や Apple Watch に入れた学生証を使う

学生寮や図書館への出入り、学生食堂での飲食代の支払い、購買部での書籍や日用品の支払いなど、実物の学生証を使える場所ならどこでも、iPhone や Apple Watch 上の学生証を使えます。

学生証を Apple ウォレットに追加すると自動的にエクスプレスモードがオンになるので、ワンタップで学生証を使えるようになります。デバイスのスリープやロックを解除する必要はなく、Face ID、Touch ID、またはパスコードでの認証も不要です。デバイスを非接触型リーダーの近くにかざすだけで使えます。

エクスプレスモードについて詳しくは、こちらの記事を参照してください。

iPhone や Apple Watch に入れた学生証を使う方法

  1. iPhone の上部を画面を上向きにして、または Apple Watch のディスプレイを非接触型リーダーにかざします。
  2. お買い物の際、場合によってはレジの端末で決済方法を選択してもらう必要があります。
  3. 決済が済んだら、デバイスにチェックマークが表示されます。

iPhone のモデルによっては、iPhone のバッテリーが切れても学生証を使えます

エクスプレスモードをオフにしている場合に学生証を使うには、デバイスでウォレット App を開きます。学生証をタップしてから、Face ID、Touch ID、またはパスコードで認証し、デバイスを非接触型リーダーにかざしてください。

iPhone で学生証アカウントの残高を調べる方法

  1. ウォレット App を開きます。
  2. 学生証をタップして詳細情報を表示します。アカウントの残高が最大 3 つ表示されます。
  3. その他の残高を表示するには、詳細ボタン をタップします。

学生証にチャージ (入金) するには、学校の App や Web サイト、または学校設置のセルフサービス端末をご利用ください。

デバイスを失くしたり盗まれたりした場合

  • デバイスを「紛失としてマーク」してください。そうすれば、Apple ウォレットに入れているカードやパスが、学生証も含めて全部自動的に使えなくなります。
  • 学校の App から学生証を削除してください。
  • 在籍する学校の学生証取り扱い窓口にお問い合わせください。問い合わせ先の情報を調べるには、Apple ウォレットで学生証を開きます。詳細ボタン をタップして、「電話」をタップしてください。

Apple が製造していない製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトについては、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選択、性能、使用に関しては一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性についてはいかなる表明もいたしません。詳しくは各メーカーや開発元にお問い合わせください。

公開日: