Apple Watch Series 4 以降を使って手を洗う

Apple Watch は、手を洗い始めると自動的に検知して、20 秒のタイマーを開始してくれます。

「手洗い」と「手洗いリマインダー」を有効にする

「手洗い」を有効にする前に、iPhone を最新バージョンの iOS に、Apple Watch を最新バージョンの watchOS にアップデートしておいてください。

  1. iPhone で Watch App を開いて、「手洗い」をタップします。
  2. 「手洗いタイマー」をタップし、オンにします。手を洗い始めたら Apple Watch が自動的に検知して、20 秒のタイマーを開始してくれます。
  3. 「手洗いリマインダー」をタップし、オンにします。帰宅後に手を洗うように Apple Watch が促してくれます。

これらの設定は、Apple Watch の設定 App の「手洗い」でもオン/オフを切り替えることができます。

 

                                                                                                                                                                                                              

                                                                                                                                                                                                              

                                                                                                                                                                                                              

タイマーを開始する

Apple Watch Series 4 以降のオーディオ/モーションセンサーのデータで手を洗っていることが検知されると、タイマーが開始します。また、タイマーが始まると Apple Watch が振動するのでわかります。タイマーが終わる前に手洗いをやめると、そのまま続けるように促してくれます。手を洗っていないのにタイマーが作動した場合は、タップして終了できます。

公開日: