Mac のアクティベーションロックについて

「探す」には「アクティベーションロック」という機能があります。Mac を紛失したり盗まれたりしても、第三者に使われないように保護するしくみです。アクティベーションロックは、所定のデバイスで「Mac を探す」を有効にすると、自動的に有効になります。

アクティベーションロックがかかっていれば、たとえ紛失したり盗まれたりしても Mac は安全に守られ、取り戻せる確率が高くなります。たとえ持ち主がリモートからデバイスのデータを消去したとしても、第三者が持ち主の許可なしにデバイスを再アクティベートすることはできません。「Mac を探す」を有効にし、自分の Apple ID とパスワードを覚えてさえいれば、この機能を活用できます。 

必要な環境

  • Mac を macOS Catalina にアップグレードしてください。
  • Mac に Apple T2 セキュリティチップが搭載されていることが必要です。お使いの Mac がこのチップを搭載しているかどうかは、Apple メニュー  >「この Mac について」>「システムレポート」>「コントローラ」で確認できます。
  • Apple ID で 2 ファクタ認証を有効にしておいてください。
  • 安全な起動」の設定はデフォルトの「完全なセキュリティ」のままにしておき、「外部起動」セクションでは「外部メディアからの起動を許可しない」を選択しておきます。

仕組み

「Mac を探す」を有効にすると、Apple ID のパスワードやデバイスのパスコードを入力してからでないと、誰も「探す」を無効にしたり、Mac を消去したり、Mac を再アクティベートして使ったりできなくなります。

アクティベーションロックは、システム条件を満たしたデバイスで「探す」を設定すると、自動的に有効になります。

Mac を紛失した場合

Mac をどこかに忘れてきた場合や盗まれたかもしれないと思う場合は、iCloud.com にサインインするか、「探す」App を使って、その位置を地図上で確認したり、本体で音を鳴らしたり、Mac をロックしたり消去したりできます。アクティベーションロックはバックグラウンドで働くので、紛失したデバイスを第三者が使ったり売ったりするのはそもそも困難ですが、さらに「探す」を使ってデバイスをリモートからロックして一意のパスコードで保護したり、見つけてくれた人に向けて画面上にメッセージを表示したりすることができます。

アクティベーションロックが有効になっているか確かめる方法

  1. Apple メニュー  >「この Mac について」の順に選択します。
  2. 「システムレポート」をクリックします。
  3. 「ハードウェア」の「アクティベーションロックの状況」をクリックします。 

Mac を修理に出す/売却する/譲渡する前にアクティベーションロックを解除する

Mac を修理に出す際、売却する際、譲渡する際は、必ず事前にアクティベーションロックを解除しておいてください。Mac がまだお手元にある場合は、「Mac を探す」を無効にしてアクティベーションロックを解除し、iCloud からサインアウトしてください。

  1. Apple メニュー () >「システム環境設定」の順に選択します。
  2. 「Apple ID」をクリックし、「iCloud」をクリックします。
  3. 「Mac を探す」を無効にします。
  4. 「サインアウト」ボタンをクリックします。 

Mac がすでにお手元にない状況下でアクティベーションロックを解除する必要がある場合は、以下の手順を実行してください。

  1. iCloud.com にアクセスして、Apple ID でサインインします。
  2. 「iPhone を探す」をクリックします。
  3. 「すべてのデバイス」を選択し、Mac をクリックします。
  4. 「Mac を消去」をクリックします。デバイスが消去されるまで、「次へ」を選択します。
  5. Mac の横の をクリックします。

Mac の起動時に「Mac をアクティベート」ウインドウが表示される場合の対処法

Apple や正規の Apple 製品販売店以外から Mac を購入した場合に、Mac の起動時に「Mac をアクティベート」ウインドウが表示されたときは、Mac がまだ以前の持ち主のアカウントに紐付けられたままになっています。以前の持ち主に頼んで、その人のアカウントから Mac を削除してもらう必要があります。

公開日: