MacBook Pro で True Tone を使う

2018 年発売モデルの MacBook Pro は True Tone テクノロジーを採用しているので、画像がより自然に Retina ディスプレイや Touch Bar に映し出されます。

MacBook Pro (2018) の True Tone テクノロジーは、先進的な 4 チャンネルセンサーを使い、周囲の光に合わせてディスプレイや Touch Bar の色と明度を自動的に適応させ、画像をより自然に表示してくれます。

True Tone は、システム環境設定の「ディスプレイ」パネルでオン/オフを切り替えることができます。

  1. Apple メニュー () >「システム環境設定」の順に選択し、「ディスプレイ」をクリックします。
  2. 「ディスプレイ」タブをクリックします。
  3. 「True Tone」チェックボックスを使って、この機能のオン/オフを切り替えます。

外付けディスプレイでの True Tone

True Tone は、以下の外付けディスプレイを蓋が開いた MacBook Pro に接続している場合、これらのディスプレイも調節してくれます。

関連情報

ディスプレイ関連の一部のアクセシビリティ設定 (「色を反転」「グレイスケール」「コントラストを上げる」など) をオンにすると、True Tone がオフになることがあります。

True Tone は Night Shift と併用できます。Mac で Night Shift を使う方法については、こちらの記事を参照してください。

公開日: