Final Cut Pro X 10.3 以降でライブラリがアップデートされない場合

ライブラリをアップデートできない、またはファイルを開けないという警告メッセージが表示される場合は、以前のバージョンの Final Cut Pro X を復元して、プロジェクトを仕上げてください。

Final Cut Pro X 10.1 〜 10.2.3 で作成したライブラリはアップデートしないと Final Cut Pro 10.3 以降で使えません。ライブラリを Final Cut Pro X 10.3 以降にアップデートしようとしたときに、ライブラリをアップデートできない、または開けないという以下のいずれかの警告メッセージが表示される場合があります。

  • ファイルのフォーマットが正しくないため、開けませんでした。
  • 予期しないエラーが起きたため、ライブラリ “ライブラリ名” をアップデートできませんでした。
  • 操作を完了できませんでした。アクセス権がありません。
  • 書類 "ライブラリ名" を開けませんでした。操作を完了できませんでした。(com.apple.flexo.ErrorDomain エラー 4)

該当するプロジェクトの作業を続けるには、Final Cut Pro X 10.3 以降にアップデートする前にバックアップしておいた以前のバージョンの Final Cut Pro を再インストールしてから、以下のいずれかの方法を選択してください。

以前のバージョンの Final Cut Pro をバックアップしておかなかった場合は、Final Cut Pro X 10.2.3 のトライアルをダウンロードしてインストールしてください。

プロジェクトを完成させたら、App Store から最新バージョンの Final Cut Pro X にアップデートしてください。

公開日: