日本で iPhone や Apple Watch で Suica を使う

Apple Pay で Suica を使えば、電車に乗るのも、お店でお買い物をするのも、これまでよりずっと簡単で便利になります。ここでは、Apple Pay で Suica を使える場所や、Apple Pay の Suica を使って交通機関を利用したりお買い物の支払いをする方法についてご説明します。

Apple Pay で Suica を使うには、iPhone 7/iPhone 7 Plus/Apple Watch Series 2 (いずれも日本国内で購入したもの)、または、iPhone 8/iPhone 8 Plus/Apple Watch Series 3 が必要です。Apple Pay に Suica を追加する方法については、こちらの記事を参照してください。

交通機関で Suica を使う

プラスチックカードの Suica を使えるところや、相互利用可能な交通系 IC カードに対応しているところであれば、どこでも Apple Pay の Suica を使って交通機関を利用できます。Suica がエクスプレスカードとして設定されている場合は、iPhone の上部や Apple Watch を改札機の読み取り部 (の数センチ以内) にかざすだけで改札を出入りできます。iPhone や Apple Watch の電源が入っている必要がありますが、ネットワークに接続されている必要はありません。改札を出入りする時にデバイスのスリープやロックを解除したり App を開いたりする必要もありません。読み取りが完了すると、「完了」という文字とチェックマークが画面に表示されます。

Suica がエクスプレスカードとして設定されていない場合は、改札を出入りする時に iPhone の Touch ID を使う必要があります。Apple Watch の場合は、サイドボタンを 2 回押してカードを表示し、スワイプして Suica を選択してから、ディスプレイを改札機の読み取り部にかざして出入りします。

場合により、駅員端末で Apple Pay の Suica を処理しなければならないことがあります。こうした場合は、デバイスを駅係員に手渡す前にヘルプモードにしてください。

  • iPhone の場合は、Wallet を開き、Suica の情報アイコン (ⓘ のアイコン) をタップしてから、ヘルプモードをオンにします。
  • Apple Watch の場合は、手首から外し、パスコードを入力してロックを解除し、サイドボタンを 2 回押します。次に Suica を選択し、画面を強めに押して「ヘルプモード」をタップします。駅係員に Apple Watch をディスプレイを下向きにして持つようにお願いします。

Suica のエクスプレスカードを変更する

最初に Wallet に追加した Suica が自動的にエクスプレスカードになります。ほかにも Suica を複数追加していて、エクスプレスカードを別のカードに変えたい場合は、以下のようにします。

iPhone

  1. 「設定」>「Wallet と Apple Pay」の順にタップします。
  2. 「エクスプレスカード」をタップし、新たにエクプレスカードにしたいカードを選択してから、Touch ID またはパスコードで認証します。

Apple Watch

  1. iPhone 上で Watch App を開きます。
  2. 「マイウォッチ」タブを開き、「Wallet と Apple Pay」>「エクスプレスカード」の順にタップします。
  3. 新たにエクプレスカードにしたいカードを選択してから、Apple Watch にパスコードを入力して認証します。

お店で Suica を使う

Suica に対応しているお店では Suica のマークが掲示されています。

Suica マーク

お支払い時にレジの担当者に「Suica で支払います」と言ってください。場合によっては、端末画面で Suica のオプションをタッチしなければならないこともあります。

Suica がエクスプレスカードに設定されている場合は、iPhone の上部や Apple Watch のディスプレイを非接触型リーダー (の数センチ以内) にかざして、「完了」という文字とチェックマークが画面に表示されるまでそのまま待ちます。お支払い時にデバイスのスリープやロックを解除したり App を開いたりする必要はありません。

Suica がエクスプレスカードに設定されていないが、メインのカードとして設定されている場合は、以下のようにします。

  • iPhone の場合は、Touch ID に指を載せ、本体の上部を非接触型リーダー (の数センチ以内) にかざし、「完了」という文字とチェックマークが画面に表示されるまで待ちます。
  • Apple Watch の場合は、サイドボタンを 2 回押して、非接触型リーダー (の数センチ以内) に Apple Watch のディスプレイをかざします。

Suica がメインのカードに設定されていない場合は、以下のようにします。

  • iPhone の場合は、Touch ID に指を載せずに、本体の上部を非接触型リーダー (の数センチ以内) にかざします。メインのカードが表示されたらそれをタップしてから、使いたい別のカードをタップし、Touch ID に指を載せて支払いをすませます。
  • Apple Watch の場合は、サイドボタンを 2 回押して Apple Pay のカードを表示し、左右にスワイプして Suica を選択した上で、Apple Watch のディスプレイを非接触型リーダー (の数センチ以内) にかざして支払いをすませます。

Suica の残高を調べる

iPhone では、Wallet を開いて Suica をタップすると、その時点の残高が表示されます。

Apple Watch では、Wallet を開いて Suica をタップし、Digital Crown を使って下にスクロールすると、その時点の残高が表示されます。

デバイス上に表示された残高の画像

Suica にチャージする

Suica にチャージするには、Apple Pay に対応しているクレジットカードまたはプリペイドカードが Apple Pay に登録されている必要があります。

iPhone では、Wallet を開いて、チャージしたい Suica をタップします。 をタップしてから「チャージ」をタップし、金額を入力または選択してから「チャージ」をタップします。支払いに使うカードを選択し、Touch ID に指を載せれば、チャージ完了です。

Apple Watch では以下のようにします。

  1. Wallet を開きます。
  2. Suica をタップします。
  3. 「チャージ」をタップし、画面に表示される案内にそって操作します。

交通機関をご利用になる際には、全乗車区間分の料金を払うだけの残高が Apple Pay の Suica にあるかどうか、あらかじめお確かめください。あるいは、運賃の支払いに使えるクレジットカードやプリペイドカードが Apple Pay に登録されているかどうかご確認ください。また、最終目的地に着くまでバッテリーが持つよう、しっかり充電しておいてください。

Suica App を使う

JR 東日本の Suica App をダウンロードして会員登録すれば、Suica に関するその他のさまざまなサービスを利用できるようになります。たとえば、以下のようなサービスを利用できるようになります。

  • Suica を新規作成 (新規発行) する
  • 定期券の新規購入、更新 (継続購入)、区間・種類の変更をする
  • 新幹線の特急券やグリーン券を購入する*
  • オートチャージを設定する (ビューカードをご利用の場合のみ)
  • JR 東日本から届くメール配信の設定・変更をする

* 東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線の特急券 (モバイル Suica 特急券)、および、JR 東日本の東京近郊路線の普通列車グリーン券 (Suica グリーン券) を購入できます。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: