iOS が自動接続するワイヤレスネットワークの決定方法

ネットワークに自動接続する際、iOS はまず、よく利用するネットワークを試し、続いて、プライベートネットワーク、公開ネットワークの順に接続しようとします。

iOS デバイスはサービスセット識別子 (SSID) を評価し、自動接続するネットワークを判定する際、以下の順序でネットワークへの接続を試みます。

  1. 「よく利用する」ネットワーク
  2. 最近接続したプライベートネットワーク
  3. プライベートネットワーク
  4. 公開ネットワーク

公開ネットワークは、ホテル、空港、カフェなどの公共の場所で、だれでもアクセスできるように用意されています。そのほかにも、Hotspot 2.0、Passpoint、EAP-SIM、一部の通信事業者やケーブル会社が提供している Wi-Fi 接続などが該当します。プライベートネットワークはそれ以外の、自宅や職場で設定されているネットワークや、iOS デバイスのインターネット共有などのネットワークです。

既知のネットワークは、ユーザの操作内容に応じて、「スコア」が付けられます。SSID に手動で切り替えた場合、そのスコアが上がります。手動で SSID から切断した場合、そのスコアは下がります。「よく利用する」ネットワークのスコアは高くなります。

iOS で上記の基準を評価した後も、複数のネットワークが残る場合は、SSID にセキュリティレベルに応じた優先順位が付けられ、以下の順序に従って選択されます。

  ネットワークのカテゴリ ネットワークのセキュリティ
1 プライベート EAP
2 プライベート WPA
3 プライベート WEP
4 プライベート セキュリティ保護されていない/公開
5 公開 HS2.0/Passpoint
6 公開 EAP
7 公開 WPA
8 公開 WEP
9 公開 セキュリティ保護されていない/公開

カテゴリもセキュリティレベルも同じネットワークが複数見つかった場合は、受信信号強度 (RSSI) が最も強い SSID が選択されます。RSSI についてや、企業向けのワイヤレスローミングについては、こちらの記事を参照してください。

再起動後の自動接続について

再起動後、iOS の Wi-Fi の認証情報は、デバイスのロックを解除した後で利用できるようになります。デバイスのロックが解除されるまで、近くのネットワークへの自動接続は試みられません。

公開日: