一部の Mac のストレージオプションである Fusion Drive について

Fusion Drive は、フラッシュストレージのパフォーマンスと、ハードディスクの大容量という利点を併せ持つストレージです。

Fusion Drive は Mac 上では 1 つのボリュームとして表示されますが、頻繁に使うファイルはすばやくアクセスできるように自動的かつ動的にフラッシュストレージに移動し、その一方で、あまり使わないファイルは大容量のハードディスクに移してくれます。そのため、短時間ですぐに起動してくれるし、普段の作業スタイルをシステムが学習していくに従い、アプリケーションの起動やファイルへのアクセスにも時間がかからなくなります。

Fusion Drive のこういった機能はすべてバックグラウンドで自動的に管理されます。出荷時状態ですべて設定は済んでいるので、何もしなくても本来の働きをしてくれます。

提供状況

Fusion Drive は、2012 年後期に発売されたモデルの iMac および Mac mini でオプションとして選択できるようになりました。現在は、一部のモデルの iMac や Mac mini に標準搭載されています。構成オプションとして選択できるモデルもあります。高速性能を追求するなら、フラッシュストレージ (SSD) だけを搭載したモデル構成にすることができます。

関連情報

  • ディスクユーティリティを使って Fusion Drive のハードディスクに単一の macOS パーティションを追加できます。このパーティションは、Fusion Drive の一部としてではなく、別のボリュームとして機能するようになります。ディスクユーティリティでは、パーティションをさらに追加できないように、 ボタンがグレイ表示になります。Windows パーティションを作成する場合は、代わりに Boot Camp アシスタントを使ってください。
  • ターゲットディスクモードを使って、OS X Mountain Lion v10.8.2 以降を搭載した別の Mac から Fusion Drive をマウントできます。
  • Fusion Drive が Finder で 1 つではなく 2 つのドライブとして表示される場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  • 外付けのドライブを Fusion Drive の一部として使うことはできません。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日:Fri Jul 28 10:16:55 GMT 2017