Fusion Drive が分割された場合の修復方法

Fusion Drive が Finder で 1 つではなく 2 つのドライブとして認識されている場合、Fusion Drive として機能しなくなっている印です。この場合の解決方法をご案内します。

Fusion Drive は、一部の iMac や Mac mini コンピュータで選べるストレージです。ハードドライブとフラッシュストレージを組み合わせて 1 つのボリュームとして扱うので、パフォーマンスが向上し、ストレージ容量も効率利用できます。Fusion Drive が Finder で 1 つではなく 2 つのドライブとして認識されている場合、Fusion Drive として機能しなくなっている印です。この症状が現れるのは、Fusion Drive のいずれかのドライブを交換した後や、ソフトウェアを使って意図的に 2 つのドライブを別々のボリュームに分割した後です。

2 つのドライブを別々に使い続けることもできますが、Fusion Drive を 1 つの論理ボリュームとして扱う利点を取り戻すには、以下の手順を実行してください。

始める前に

お使いの Mac に Fusion Drive が構成されているかどうか、または Fusion Drive が分割されているかどうか不明な場合は、以下の要領で確認してください。

  1. 外付けのストレージデバイスが Mac に接続されている場合は取り外します。
  2. Apple () メニュー >「この Mac について」の順に選択し、「ストレージ」をクリックします。
    • 「Fusion Drive」というラベルが付いたドライブが表示されている場合は、Fusion Drive が機能しています。この記事は適用されません。
    • Fusion Drive が分割されている場合は、2 つのドライブが表示されます。片方には「フラッシュストレージ」というラベルが付いていて、容量は 24 GB、32 GB、または 128 GB です。もう片方は 1 TB 以上容量があるはずです。

ターミナルを使って Fusion Drive を再作成する

以下の手順を実行すると、Fusion Drive を形成するドライブ上のデータがすべて完全に削除されます。作業を進める前に、バックアップを確保しておいてください。

macOS Mojave をお使いの場合

  1. Mac の電源を入れ、その直後に「command + R」キーを押して macOS 復元から起動します。Apple ロゴや回転する地球儀が表示されたらキーを放してください。
  2. 「macOS ユーティリティ」ウインドウが表示されたら、メニューバーから「ユーティリティ」>「ターミナル」の順に選択します。
  3. ターミナルウインドウに「diskutil resetFusion」と入力し、「return」キーを押します。
  4. プロンプトが表示されたら「Yes」(大文字の「Y」) と入力し、「return」キーを押します。
  5. 操作が正常に終わったというメッセージが表示されたら、ターミナルを終了して、「macOS ユーティリティ」ウインドウに戻ります。
  6. macOS を再インストール」を選択し、画面の指示にそって Mac オペレーティングシステムを再インストールします。再インストールが終わると、Mac が Fusion Drive から再起動します。

macOS High Sierra 以前をお使いの場合

  1. Mac の電源を入れ、その直後に「command + R」キーを押して macOS 復元から起動します。Apple ロゴや回転する地球儀が表示されたらキーを放してください。
  2. 「macOS ユーティリティ」ウインドウが表示されたら、メニューバーから「ユーティリティ」>「ターミナル」の順に選択します。
  3. ターミナルウインドウに「diskutil list」と入力し、「return」キーを押します。
  4. ドライブに関するデータが表形式で表示されます。「IDENTIFIER」列で、Fusion Drive を形成している 2 つの物理的な内蔵ドライブそれぞれについて識別子 (ID) を調べます。識別子は通常は disk0 および disk1 です。片方は容量が 128 GB 以下で、もう片方は 1 TB 以上です。
  5. 以下のコマンドを入力します。identifier1 および identifier2 の部分は、1 つ前の手順で確認した識別子で置き換えます。続けて、「return」キーを押します。
    diskutil cs create Macintosh\ HD identifier1 identifier2
    

    例:diskutil cs create Macintosh\ HD disk0 disk1
    ディスクのマウント解除エラーが表示される場合は、「diskutil unmountDisk identifier」と入力してください。先に収集した、1 つ目の識別子を使います。その後、2 つ目の識別子を使ってもう一度同じコマンドを入力します。

  6. diskutil cs list」と入力して、「return」キーを押します。
  7. ドライブ (ボリューム) に関する補足データが表示されます。Macintosh HD という名前のボリュームについて、「Logical Volume Group」の後に表示されている数値文字列を探してください。8354AFC3-BF97-4589-A407-25453FD2815A のような数値です。
    例:
    +-- Logical Volume Group 8354AFC3-BF97-4589-A407-25453FD2815A
    |   =========================================================
    |   Name:         Macintosh HD

  8. 以下のコマンドを入力します。logicalvolumegroup の部分は、1 つ前の手順で確認した数値で置き換えます。続けて、「return」キーを押します。
    diskutil cs createVolume logicalvolumegroup jhfs+ Macintosh\ HD 100%
    

    例:diskutil cs createVolume 8354AFC3-BF97-4589-A407-25453FD2815A jhfs+ Macintosh\ HD 100%

  9. 操作が正常に終わったというメッセージが表示されたら、ターミナルを終了して、「macOS ユーティリティ」ウインドウに戻ります。
  10. macOS を再インストール」を選択し、画面の指示にそって Mac オペレーティングシステムを再インストールします。再インストールが終わると、Mac が Fusion Drive から再起動します。
公開日: